名古屋での鍼灸治療なら、のぞみはり灸院にお任せください!

のぞみはり灸院のご紹介

院長先生へのインタビュー

こんにちは。
のぞみはり灸院院長の大井憲章です。
のぞみはり灸院は平成16年9月に、ここ名古屋市中川区にてスタートしました。

体操するおじいさん当院の治療は漢方理論に基づくはり灸を用いた経絡治療を行います。

経絡治療は人の生命力の強化・自然治癒力の亢進を目的とするので、捻挫や打撲などの急性外傷、肩こり・腰痛などの慢性症状、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患、大きな病気や怪我からの体力回復など多岐にわたる治療を行うことができます。

私自身も中学では相撲、高校・大学では陸上競技、社会人になってからはブラジリアン柔術とずっと激しい運動を続けているため常に怪我との戦いですが、はり灸のおかげで今でも元気に続けることができています。
人生を元気に・快適に暮らしたい方の来院をお待ちしております。

院長夫人・のぞみ先生へのインタビュー

こんにちは。
大井望美です。のぞみ先生と呼んでください。

私の叔母も鍼灸院をしていることもあって、幼い頃から具合の悪いときははり灸をしてもらっていました。
お母さんと男の子はり灸は肩こり腰痛はもちろん、婦人科疾患にも効果的です。私自身もひどい月経痛に苦しんでいましたが、経絡治療のおかげで今はほとんど無症状です。

当院の行う治療は刺激の少ない体にやさしい治療ですので、大人も子供も赤ちゃんにも安心して受けていただけます。

小さい子供の便秘や夜泣きにも効果があります。5日間便が出てなかった子供さんが治療中に催したこともあります。
患者さんの訴えを色々な角度から検証し少しでも良い状態になるよう、日々治療に取り組んでいます。

新型コロナウイルスと東洋医学


東洋医学では昔から風邪病症のことを傷寒と呼び一時にたくさんの人が命を落とす病として大変恐れられていました。

季節性の風邪であるインフルエンザでも毎年多くの人が亡くなっていますが、今拡大中の新型コロナウィルスによるものも、まだ不明な部分が多いためかなりの注意が必要です。

新型コロナに関しては潜伏期間が長いことからウィルスの増殖が比較的遅いようです。

ということは元気な免疫力の高い人は問題ないと思いますが持病のある人はもちろん貧血などで平熱の低い人が危険だと考えられます。

寒さの厳しいところでの拡大が多いことからも、冷えて弱くなった免疫の網を少数精鋭のウィルスが体の深いところまで侵入してくるイメージです。

感染予防はもちろんですが、体を冷やさない、冷飲食は避け温かいものを食べる、よく寝る、これらが一番大事だと思います。

風邪の症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

※厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」のページはこちらです。

乾燥する冷え症

沈丁花
体表面は温かいが中が冷える冷え症です。

乾燥していると温まりやすいが冷えやすくもあります。

肌がカサカサだったり、かかとにヒビができやすかったりします。

足がつりやすかったりもします。

内臓の働きをしっかりさせて飲食物から栄養を吸収させて体が潤うように治療します。

※お肌がカサカサする、かかとにヒビがはいる、足がつりやすい、などの症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

むくみの多い冷え症

表面が冷えて中に熱がこもるタイプになります。

発汗・排尿を促して余分な水分を排出するとともに、こもった熱を体外に逃がしてやります。

ただ寒い時期は汗をかきすぎるとかえって冷えてしまうので注意が必要です。
冷え性・むくみの症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

足が冷えてのぼせる冷え症

寒いところでの作業や立ち仕事の人に多くみられます。

肩こりもありますが腰痛の人が多いです。

治療は上半身に集まった熱を下半身に下げるようにします。

むくみやすいので排尿を促して余分な水分を体から排出するようにします。
むくみ、肩こり、腰痛のような症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

手足が冷える冷え症

女性に多く貧血を伴うことがあります。

肩こりだけでなく背中・腰などもつっぱりやすく生理痛・生理不順なども見受けられます。

治療は強い刺激はかえって逆効果になるので体表面のツボを軽く触るようにします。

やけどにならない程度のお灸をすることが多くなります。

冷え性の症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

冷え症

大寒も過ぎて冷え症の人にはつらい時期になりました。

ひとくちに冷え症といってもいろんな状態があります。

手足が冷えて体がこわばるタイプ、足が冷えてのぼせるタイプ、表面が冷えて熱がこもるタイプ、表面は温かいけど中が冷えるタイプなどなどさまざまで、それぞれに対処法・治療法があります。

※冷え性でお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

冷えのぼせの治療


基本は血行を良くして足が温まるようにします。

むくみがあれば排尿を促して体の余分な水分を排出し、肌の乾燥があれば潤うようにします。

それだけでのぼせが解消されることもありますが、まだ上半身に熱が残ってる場合は少し汗をかかせるなどで熱を発散させていきます。

※冬に起こる腫れのない関節痛、腰痛、ぎっくり腰、咳、動悸、頭痛などの症状は、冷えのぼせが原因である疑いがあります。
ぜひ名古屋市中川区の、のぞみはり灸院一度ご相談ください!

冷えのぼせから来る症状

ゆきうさぎ
比較的、上半身は熱から来る症状が多く、下半身は冷えからの症状が多いです。

首肩まわりに熱がこもるとコリとなり、上って頭痛となります。

胸の熱は喉を乾かし咳となり、深くなると動悸や息切れを起こします。

下半身の冷えからくるもので最も多いのは腰痛です。

ぎっくり腰は急性期は炎症を起こし熱を伴いますが、もともとは冷えて固まっていた腰に負担がかかったことによって起こることが多いです。

冷えが深くなると神経痛を起こすことも多く、腫れのない関節痛も冷えによることがほとんどです。

冷えのぼせ

ねことストーブ
体調が良い状態であるためには、頭は涼しく足元は温かい、いわゆる頭寒足熱が良いのです。

しかしこの時期は寒さのせいで足元は寒くて暖房などで頭は熱いという冷えのぼせの状態になっている人が多いです。

冷えないようにしながらも上半身は熱くなり過ぎないよう気を付けて暖房を使う必要があります。

朝起きると関節が痛い

ハリネズミのぬいぐるみと子猫
寒くなると朝に布団から起きようとした時、腰が痛い、首が痛いなど起き掛けの症状が多くなってきます。

これは暖かくして寝ているつもりでも、寝ている間は血行がゆっくりになり少し体温が下がってしまうので体がこわばってしまうのです。

起きてからしばらくすると血行が良くなってだんだん痛みが治まってきます。

貧血気味の人や普段体を動かさない人、逆に激しいスポーツや重労働をやる人に多くみられます。

こういった朝の痛みから寝違え・ぎっくり腰などになってしまうこともあるので鍼灸治療を受けて普段から血流を良くすることをお勧めします。

首や腰の痛みにお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!