冷えのぼせから来る症状

ゆきうさぎ
比較的、上半身は熱から来る症状が多く、下半身は冷えからの症状が多いです。

首肩まわりに熱がこもるとコリとなり、上って頭痛となります。

胸の熱は喉を乾かし咳となり、深くなると動悸や息切れを起こします。

下半身の冷えからくるもので最も多いのは腰痛です。

ぎっくり腰は急性期は炎症を起こし熱を伴いますが、もともとは冷えて固まっていた腰に負担がかかったことによって起こることが多いです。

冷えが深くなると神経痛を起こすことも多く、腫れのない関節痛も冷えによることがほとんどです。

動悸 ツボ

温泉につかる親子のおさる
動悸だけでなく、目まい、息切れといった症状の原因は、内臓のほうから考えるとすべての臓器が当てはまります。

直接、血液を循環させる心臓、呼吸によって血行を促す肺、血液をきれいにする肝臓・腎臓、消化や免疫にかかわる脾臓、それぞれの臓器にどのような変調があるかを見て治療をします。

たとえば、胸の熱感が強く舌や手のひらが赤いとなると、これは心臓そのものの変調ととらえ、心臓にかかわるツボを使って治療します。

また、むくみが強い・体表面が冷たく腰も痛いといった症状も合わせてあれば、これは腎臓の変調も考えられるとして腎臓にかかわるツボを使うことも考えられます。

動悸・息切れ・めまいという同じような症状でも原因となるところに違いがあるので、それに応じた治療をしていきます。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では動悸めまいのような、熱が原因となる症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

息切れとその原因

ダッシュするわんこ呼吸が苦しくなる息切れはいやなものです。

息切れと動悸が同時に起こる方もおいでです。

それは、息切れと動悸の原因が似ているからです。

これらの症状は、胸に熱がこもることで引き起こされます。

胸の熱はそのまま心臓に負担をかけるので動悸が起こります。

そして心拍数が上昇すると肺にも負担がかかり、呼吸がしづらくなるため息切れを起こすのです。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では息切れのような熱が原因の症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!