9月バテ

モネ風の庭9月に入ってまだまだ暑さは続いていますが、猛暑というほどではなくなってきました。

ただ夏の間、熱中症にならないようにずっと冷やし続けていた結果、この時期になって体調を崩す人が多いようです。

涼しい時間帯も増えてきたので一日中クーラーをつけっぱなしでいるとかなり冷えてしまいます。

冷えてカゼをひきやすくなったり、胃腸の機能低下を起こしたりします。

今までは暑さ対策ばかりでしたが、これからは冷え対策も大事になってきます。

※9月バテの症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

インフルエンザ対策

薪ストーブ
今年に入ってからインフルエンザが大流行しています。

高熱と全身の痛みが出る通常のインフルエンザとは別に熱がなく、胃腸症状のある変わったインフルエンザも流行っているそうです。

記録的な寒さと空気の乾燥がインフルエンザウィルスの蔓延を促していると思われます。

罹患してから初期の症状が激しいときは、十分な水分と栄養の補給をし、安静にして寝ているしかありません。

3日から1週間くらいして症状が治まってこれば、鍼灸で体力の回復を促していくことができます。

何よりもインフルエンザに罹らないよう、規則正しい生活と乾燥の予防、外出先から帰ってきたときにしっかり手洗いをすることが大事です。

胃腸カゼ

cats
以前は夏場に多かった胃腸カゼが、最近は一年を通じて見られるようになりました。

症状は嘔吐・下痢と変わりはありませんが、わりと発熱することも増えてきて通常のカゼと区別がつきにくくなってきてるようです。

体内で増えたウィルスが排出するために嘔吐・下痢の症状が現れるので、無理に止めないほうが良いのですが、小さい子供や老人は脱水の恐れがあります。

口からの栄養・水分補給が難しいので、基本の治療は病院での点滴となります。

鍼灸ではある程度症状が落ち着いてから胃腸の働きを回復させるように治療します。

特に食欲が回復しない場合は背中の脾兪・胃兪、お腹の中脘というツボにちょっと熱いお灸をします。

食中毒や暴飲暴食で胃腸が弱った時も同様の治療をします。

体力の回復には栄養補給がしっかりできなければいけないので、胃の働きを促すことが重要になってくるのです。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

夏風邪 症状

名古屋城名古屋の夏は湿度は高いため、喉などの粘膜はやられにくく、咳はあまり出ないことが多いです。

冷えが強いと鼻水がよく出ます。

冷飲食が多いと胃腸も疲れて食欲不振や下痢になります。体力が落ちるのでカゼの治りも悪くなります。