朝起きると関節が痛い

ハリネズミのぬいぐるみと子猫
寒くなると朝に布団から起きようとした時、腰が痛い、首が痛いなど起き掛けの症状が多くなってきます。

これは暖かくして寝ているつもりでも、寝ている間は血行がゆっくりになり少し体温が下がってしまうので体がこわばってしまうのです。

起きてからしばらくすると血行が良くなってだんだん痛みが治まってきます。

貧血気味の人や普段体を動かさない人、逆に激しいスポーツや重労働をやる人に多くみられます。

こういった朝の痛みから寝違え・ぎっくり腰などになってしまうこともあるので鍼灸治療を受けて普段から血流を良くすることをお勧めします。

首や腰の痛みにお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

首をひねると痛む

nozomiharikyu1当ウェブサイト担当者です!

最近、首をひねると痛むようになりました。

柔術練習中、知らないうちに痛めたか、あるいは座ったままうたた寝していた時に首を前に折り曲げるように寝ていたので、それで痛めたか、どちらか自分でも判然としません。

寝ている時、あるいは運転中、車線変更前に死角を目視する時、首を動かすと重いような、硬いような、痛いような?不快感を覚えるのです。

そこで、のぞみはり灸院電話で予約して、受診することにしました!

診ていただいてすぐに大井先生に
「右にひねったほうが痛いですか?」
と自分でもわかってなかったことを指摘されました。

どっちも痛いのですが、確かに右にひねったほうが痛かったです。

先生によると、首そのもののトラブルではなくて、背中に張りがあるのだとか。背中についてはほとんど自覚できませんでした。

鍼とお灸をしていただいて、首がかなり楽になりました!

のぞみはり灸院のサイト担当をしていて本当によかったと実感する瞬間です!

接骨院の電気で肉離れの後遺症が回復したこともあったのですが、ここ数年は大井先生のところだけです。

本当におすすめです!