解熱したら

発熱が治まり回復期になれば少しずつ栄養を取っていった方が良いです。

一度にたくさん食べると発熱がぶり返すことが多く見られます。

逆に食欲がなくなり、なかなか食べられない人には鍼灸治療をお勧めします。

だいたいが冷えにより胃腸の働きが落ちているので陽気を補い胃を温めて働きを促すように治療します。

※体調不良が続いてお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

夏の貧血(食事編)


暑い日々が続くと水分を多く取り、そのため胃腸が疲れてしまいます。

胃腸の疲れは食欲低下と消化力低下を招き、体に必要な栄養を充分に摂取できなくなります。

いわゆる夏バテですが、最初はだるさ程度ですが栄養不足から貧血になってくると頭痛やめまい、冷えや体のこわばりとどんどん悪化していきます。

どうしても冷たいものやあっさりしたものを食べてしまいがちですが冷飲食を控えて、温かいものを食べるようにしたほうが良いでしょう。

貧血の症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

胃腸の不調

ヒメサユリ
本格的な夏になってきて熱中症予防のため水分補給を頻繁に行っていると、やはり胃腸が疲れてきます。

冷たい水分を取り続けていると胃が冷えて食欲が落ちますし、消化も悪くなってお腹を壊しやすくなります。

水分は少量をこまめに取るようにし、夏野菜や果物も食べたほうが良いと思います。

※夏バテのような症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

秋・季節の変わり目と体調不良

ポメラニアンとインコ
この時期はまだ暑さも残っているが、涼しさもあり体にこもった熱を取り除きながら冷えてるところは温めなければなりません。

雨が多く湿気が多いのですが肌は意外と乾燥しがちです。

血液循環を良くするために肺の働きを良くするツボを主に使い(秋は肺の季節でもある)必要なところに必要な分だけ栄養を供給できるように治療します。

また夏バテを引きずって食欲が減退している場合もあるのでしっかり食べて消化吸収できるよう胃を中心に治療することも多くなります。

体調不良でお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

寒暖差アレルギー

紅葉と石畳最近は季節の変わり目。夏か秋か、わかりにくい気候です。

カゼでもなく花粉症でもないけど、くしゃみや鼻水が出るといった症状が続く人は、寒暖差アレルギーかもしれないと最近話題になっています。

鼻粘膜の血管が寒いときは収縮、暖かいときは拡張しますが、気温の変化に体がついていけない時に鼻炎症状がでるそうです。

鼻の症状がわかりやすいのでアレルギーだといわれていると思いますが、他にもなんか熱っぽい(発熱はしてないか極めて微熱)、手足は当然冷たい、食欲は無くお腹を壊しやすいなどの症状もあるかと思います。

これも冷え、血行不良が極まったものです。
冷え症の症状に、何らかの病名を付けようとして出てきたのでしょう。