名古屋での鍼灸治療なら、のぞみはり灸院にお任せください!

のぞみはり灸院のご紹介

院長先生へのインタビュー

こんにちは。
のぞみはり灸院院長の大井憲章です。
のぞみはり灸院は平成16年9月に、ここ名古屋市中川区にてスタートしました。

体操するおじいさん当院の治療は漢方理論に基づくはり灸を用いた経絡治療を行います。

経絡治療は人の生命力の強化・自然治癒力の亢進を目的とするので、捻挫や打撲などの急性外傷、肩こり・腰痛などの慢性症状、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患、大きな病気や怪我からの体力回復など多岐にわたる治療を行うことができます。

私自身も中学では相撲、高校・大学では陸上競技、社会人になってからはブラジリアン柔術とずっと激しい運動を続けているため常に怪我との戦いですが、はり灸のおかげで今でも元気に続けることができています。
人生を元気に・快適に暮らしたい方の来院をお待ちしております。

院長夫人・のぞみ先生へのインタビュー

こんにちは。
大井望美です。のぞみ先生と呼んでください。

私の叔母も鍼灸院をしていることもあって、幼い頃から具合の悪いときははり灸をしてもらっていました。
お母さんと男の子はり灸は肩こり腰痛はもちろん、婦人科疾患にも効果的です。私自身もひどい月経痛に苦しんでいましたが、経絡治療のおかげで今はほとんど無症状です。

当院の行う治療は刺激の少ない体にやさしい治療ですので、大人も子供も赤ちゃんにも安心して受けていただけます。

小さい子供の便秘や夜泣きにも効果があります。5日間便が出てなかった子供さんが治療中に催したこともあります。
患者さんの訴えを色々な角度から検証し少しでも良い状態になるよう、日々治療に取り組んでいます。

カゼ

キンモクセイ

今年は春先から新型コロナウィルスの脅威にさらされ続けていて、少しでも風邪症状が現れれば「もしかしてコロナ!?」っていう恐怖に怯えている人も多いと思います。

まだ新型コロナウィルスの実態はわからないことが多いのですが、少なくとも日本人は持病がなくて免疫がしっかり働いている人は大丈夫なようです。

ただ外国では感染者・死亡者がまた増加していってるようなので油断はできません。

風邪っぽいなと思ったらムリせず、栄養を取ってゆっくり休みましょう。

普通のカゼなら2・3日で治ります。

かぜの症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

寒暖差

裏磐梯 中津川渓谷の紅葉
寒さが一段と厳しくなってきました。

昼夜の温度差も結構あります。

最も風邪をひきやすい気候になってきている感じです。

昼に活動的に動くとまだ汗をかいてしまい、体温を下げようとする働きが生じます。

その状態で日が暮れてくると寒さが体の深くまで入ってくるので容易に風邪をひいてしまうのです。

汗をかいたら早く拭き取り、できれば着替えましょう。

それだけで冷え込むのを防ぐことができます。

※寝冷えなどの症状でお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

心因性の腰痛

彼岸花
すべての腰痛患者の3割くらいは心因性によるものだという調べもあります。

医師の診察を受けても痛みに相応する病変が見当たらないものです。

腰部のこわばりや冷えなどはあるのでしょうが、それよりも脳の活動異常や疲労により痛みを感じてしまうようで、うつ病とのかかわりもあるそうです。

そのため腰やその周辺にどれだけ治療しても治らないようです。

これは東洋医学でいうところの血虚の激しいものと考えられます。

時間はかかると思いますが、少しずつ血を増やしていく治療をすれば回復していくと思われます。

腰痛の症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

治りにくい腰痛

ポーチュラカ
一般的な急性腰痛は一週間から十日程度で強い痛みは治まり長くても一か月程度で治っていきます。

ただ無理して負担をかけ続けたり、冷え、飲酒などで回復を悪くすると慢性腰痛になってしまうことがあります。

それでも生活を改善して適切に治療すれば治るものですが中にはいつまでも痛みが続く治りにくい腰痛になることがあります。

脊椎分離・すべり症や脊柱管狭窄症などの背骨が変形してしまうものや筋・筋膜の癒着や断裂などがあるものが考えられます。

鍼灸治療である程度、症状は軽減できると思われますが完治は難しいと言えます。

どんな病症にも言えるのですが、早い段階での治療が大事になります。

また癌などの腫瘍や細菌感染などによる腰痛は鍼灸で治すことはできないので、全然治らない腰痛は専門の医師の診察も必要になります。

腰痛の症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

尿管結石

福井県 龍双ケ滝
汗をいっぱいかいて体の水分が足りなくなると腎臓結石ができやすくそれが尿管に落ちてくると、とんでもない痛みになります。

体質的なものもあるので水分をしっかり取っているつもりでもなる人はなります。

腰まわりの痛み、腹筋の引きつり、脇腹の痛みなど結石のある側の周囲に激しい痛みが出ます。

初めは通常の腰痛と区別がつきにくいのですが、特に夜中に痛みが激しくなったら要注意です。

腰痛


長い梅雨が終わり真夏の暑さがやってきました。

天気も良く日差しがかなりきついのですが、湿気もあり蒸し暑くもあります。

この気候でエアコンでガンガンに冷やすと体の表面がかなり冷えます。

しかし中のほうの熱はさほど冷めないのでかえって熱がこもり、表面はむくみ中は乾燥という状態になってきます。

こんな時、注意しなければならないのがギックリ腰です。

乾いた筋肉は引きつりやすいので傷めやすく、熱がこもりやすいので痛みもかなりきつくなります。

冷やしすぎないようにしながらも、水分補給もしっかりしなければなりません。

腰痛の症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

熱中症

夢前町蓮池公園
今年も暑い夏が近づいてきています。

まだマスク着用が必要な状況が多く、顔に熱がこもりやすくなっています。

熱の発散ができないと、のぼせやめまいがおこり進行してくると動悸や息切れ、易疲労等、熱中症の症状が出てきます。

一度、熱中症の症状が出ると回復には時間がかかります。

扇風機やエアコンを上手に使って暑さ対策を万全にしておきましょう。

傷寒の治療(まとめ)

ブーケ
今までは陽経の病の治療でしたが、もともと体力がない人や体表の気が弱い人は陰経にまで邪が及んできます。

こうなると症状としてはかなり重いものとなります。

太陰病ならお腹が詰まって吐いて下痢が止まらない。

少陰病なら喉の痛みから始まってしゃべることはもちろん声も出せず、下痢して胸苦しく動悸がする。

厥陰病なら陰気と陽気が交流せず手足の極端な冷えと発熱を交互に繰り返し、下痢・嘔吐・錯乱状態などを起こします。

陰経の病は体の内部の寒が主体となるので、先ずは補って温めることです。

症状を取り去ろうとして瀉法を施すと病はますます悪化するのでしっかり診察して、患者に何が必要かを見極めなければなりません。

現時点で鍼灸師が新型コロナウィルスによる患者を治療することはありません。

しかし今後、治療薬やワクチンが完成して通常の風邪と同じような扱いになる日が来れば他の病の患者と同じように治療するかもしれません。

もしそうなったとき、ちゃんと治療ができるよう日々、研鑽をしていきたいです。

傷寒の治療(少陽病)

ハムスター
傷寒の治療(陽明病)の続きです)さらに病が進んでくると耳鳴りや耳閉感、めまいが現れ口が苦くなります。

少陽経まで邪が入ってきたということです。

悪寒と発熱を繰り返し脇腹や季肋下が引きつってきます。むくみもひどくなります。

邪気が少陽経、特に胆経と厥陰肝経とを行き来するので、胆経にあれば発熱して浮脈、肝経にあれば悪寒して沈脈という風に区別します。脈状は弦や緊です。

食欲は減退するので脾経を補い、脈状と病症で胆経か肝経を瀉法します。

しっかり排尿ができるようになればよいです。

病が血に関わってきてますので、女性の場合は生理中に風邪をひかなかったかなどよく聞く必要があります。