名古屋での鍼灸治療なら、のぞみはり灸院にお任せください!

のぞみはり灸院のご紹介

院長先生へのインタビュー

こんにちは。
のぞみはり灸院院長の大井憲章です。
のぞみはり灸院は平成16年9月に、ここ名古屋市中川区にてスタートしました。

体操するおじいさん当院の治療は漢方理論に基づくはり灸を用いた経絡治療を行います。

経絡治療は人の生命力の強化・自然治癒力の亢進を目的とするので、捻挫や打撲などの急性外傷、肩こり・腰痛などの慢性症状、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患、大きな病気や怪我からの体力回復など多岐にわたる治療を行うことができます。

私自身も中学では相撲、高校・大学では陸上競技、社会人になってからはブラジリアン柔術とずっと激しい運動を続けているため常に怪我との戦いですが、はり灸のおかげで今でも元気に続けることができています。
人生を元気に・快適に暮らしたい方の来院をお待ちしております。

院長夫人・のぞみ先生へのインタビュー

こんにちは。
大井望美です。のぞみ先生と呼んでください。

私の叔母も鍼灸院をしていることもあって、幼い頃から具合の悪いときははり灸をしてもらっていました。
お母さんと男の子はり灸は肩こり腰痛はもちろん、婦人科疾患にも効果的です。私自身もひどい月経痛に苦しんでいましたが、経絡治療のおかげで今はほとんど無症状です。

当院の行う治療は刺激の少ない体にやさしい治療ですので、大人も子供も赤ちゃんにも安心して受けていただけます。

小さい子供の便秘や夜泣きにも効果があります。5日間便が出てなかった子供さんが治療中に催したこともあります。
患者さんの訴えを色々な角度から検証し少しでも良い状態になるよう、日々治療に取り組んでいます。

胃腸カゼ


最近、新型コロナのオミクロン株の陰に隠れて胃腸カゼがちょくちょく見られています。

基本的には嘔吐・下痢症状なのでオミクロンとの区別ができそうですが、中には発熱を伴うものもあります。

食欲不振と水様便なので冷えから来るものとみて温めるように治療します。

熱があってもムリには解熱させないほうが良いです。

症状が治まってもしばらくは胃腸が疲弊している状態が続くので消化の良いものを少しづつ食べるようにしましょう。

※厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」のページはこちらです。

胸の痛み


寒くなり背中の痛みの人が増えてきましたが、今年は胸の痛みを訴える人も割といます。

ただ胸の痛みは心臓の異常の場合もあるので注意が必要です。

心筋梗塞は意識を失うくらいの激痛といいますがチクチクとした痛みのみの場合もあります。

狭心症も動けないくらいの痛みの時もありますが、治まってしまうと普通に生活できるので厄介です。

怪しいときは専門医に診てもらう必要があります。

鍼灸の適応となるのは肩・背中のコリが胸側まで回ってきた場合や神経痛などです。

神経痛の中には帯状疱疹の人もいますが医科と併用して治療もできます。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

背中の痛み


寒さがさらに厳しくなってきて、あちこち痛みが出やすい気候になっていますが最近多いのが背中の痛みです。

寒くなった分、体の熱を発散させることがしづらく上半身に熱がこもって首・肩コリも多いですが背中も凝りやすいです。

また寒くて無意識に肩に力が入ることでも凝りを強めます。

足を温める、適度に運動をするなどで熱のこもりを解消することが大事です。

背中などの身体の痛みにお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

神経痛の原因


寒さが厳しくなってくると古傷がうずくと言われますが神経痛はその代表といえます。

よくヘルニアによる神経圧迫で痛みが出ますが、ヘルニアが治まっても神経痛が出ていることも多いです。

これは冷えによる血行不良や筋肉のこわばりが神経痛のような症状を出しているようで、厳密には神経痛ではないのかもしれません。

寒い屋外でずっと立っていると足がしびれてきて家に帰ってお風呂に入ると治まってくるものがそれです。

温めて血行を良くし、こわばりを緩めるように治療することが大事です。

神経痛の症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

湿布は温湿布?冷湿布?


よく痛いところにシップを貼る場合、温シップと冷シップとどちらがいい?と質問されます。

これは痛みの出方によって判断するのが良いです。

動かさなくてもズキズキ痛み、少しでも動かすことが困難な場合は冷シップが良いと思います。

触れば他の所よりも熱いと思いますが手が冷たいと冷えていても温かみを感じるので注意が必要です。

温シップを貼るのは奥のほうでズーンと痛み、こわばって動かしにくいものです。

神経痛はほぼ冷えです。

冷えの場合はだいたい深いところの痛みになるので少し触っただけでは痛くないことが多いですが表面は冷えて中に熱を持って痛みになってることもあります。

この場合はシップはあまり効かないのでしっかり治療をしてもらった方が良いでしょう。

発熱?


ここんとこ寒暖差がかなり激しく、昼は汗をかくくらい暑く夜は暖房が必要なくらいの寒さになってきてます。

この寒暖差によっていろんな症状が出てきますが困るのが発熱だと思います。

熱といっても微熱ですが喉・鼻に違和感を感じることもありカゼかなっ?と思うこともあります。

今は発熱=コロナ感染症みたいに思われる人もいるのでほんとに困りものです。

でも多くは冷えのぼせの症状がきついものなので、血行を良くして冷えてるところが温まるよう治療すれば熱も自然に治まってきます。

特に昼過ぎから夕方にかけては体温も上がりやすいので足元の冷えにだけ気を付けて、あまり温めすぎないようにすることです。

発熱にお困りの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

寒暖差でトラブル


まだまだ暑く感じる日が多いのですが、確実に冷えが近づいてきています。

日の最高気温が30℃で最低が20℃くらいなので一日の寒暖差は約10℃。

この差はかなり体に負担をかけます。

特に冷えてる方は気が付きにくいので、いつの間にか腰痛になっていたりします。

確かに昼間は汗をかくことも多いし、夜も寝苦しいのですがもう冷え対策が必要です。

少なくとも真夏と同じ格好で寝るのはやめたほうが良いでしょう。

※急な寒さによる症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

ギックリ腰


名古屋では秋から冬は乾燥の季節です。

体も乾いてきて筋肉もつっぱりやすくなってきます。

そうして起こりやすくなってくるのがギックリ腰です。

夏は汗かいてその分、水分も取ろうとしますが秋になるとつい水分摂取がおろそかになってしまいます。

気が付かないうちに乾燥が進んでしまうのです。

筋肉だけでなく肌や粘膜も乾燥してしまうのでお肌のトラブルや花粉症などもでてきます。

まずは水分摂取ですね。

※ぎっくり腰、お肌のトラブル、花粉症のような症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

コロナと飲酒


夏真っ盛りになってからコロナウィルス感染が爆発的に増えてきています。

デルタ株の感染力が強いからという話ですが、発表される感染者の行動ではかなりの割合で飲酒を伴う会食が挙げられています。

アルコールのために盛り上がって飛沫量も多くなるということですがアルコールそのものが感染・または重症化の誘因になってはいないでしょうか?

以前、新型コロナの症状は東洋医学でいう少陽病というものだと書きました。

少陽病とは主に少陽胆経という経絡に病邪が入り込んで起こる病です。

この少陽胆経は厥陰肝経と隣り合っており、病邪がこの胆経と肝経を行ったり来たりして起こるのがコロナ症状で多い往来寒熱(悪寒と発熱を繰り返すもの)です。

肝経は肝臓につながっているのでアルコールで肝機能が落ちれば肝経も弱まり病邪が入りやすくなるということです。

これらの事は単なる想像にしかすぎませんが、感染者というより発症者や重症化した人の飲酒の割合を調べてみるのも一考かもしれません。

※厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」のページはこちらです。

残暑夏バテ対策

もう秋になりつつありますが残暑厳しい日々が続いています。

一旦涼しくなってからの猛暑なので体が受けるダメージは思った以上にきついです。

秋だけど夏バテします。

体調の維持には何よりも睡眠です。

体に蓄積した熱を冷ますには十分に睡眠をとることなので、寝苦しければ冷房を上手に活用して、でも直風は避けていっぱい寝てください。

※体調不良にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!