暑さは心臓の負担に


東洋医学では夏は心臓の季節で暑をつかさどります。

心臓は暑さの影響を最も受ける臓器だということです。

心臓はその働きが少しでも衰えると死に直結します。

肺や腎や肝などはたとえ一部分が働かなくなってもしばらくは命を保てますが心臓はそういうわけにはいきません。

熱中症でなくなる方が多くなってきたのは心臓が耐えきれないくらい暑くなったともいえるのです。

※心臓でお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

動悸 ツボ

温泉につかる親子のおさる
動悸だけでなく、目まい、息切れといった症状の原因は、内臓のほうから考えるとすべての臓器が当てはまります。

直接、血液を循環させる心臓、呼吸によって血行を促す肺、血液をきれいにする肝臓・腎臓、消化や免疫にかかわる脾臓、それぞれの臓器にどのような変調があるかを見て治療をします。

たとえば、胸の熱感が強く舌や手のひらが赤いとなると、これは心臓そのものの変調ととらえ、心臓にかかわるツボを使って治療します。

また、むくみが強い・体表面が冷たく腰も痛いといった症状も合わせてあれば、これは腎臓の変調も考えられるとして腎臓にかかわるツボを使うことも考えられます。

動悸・息切れ・めまいという同じような症状でも原因となるところに違いがあるので、それに応じた治療をしていきます。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では動悸めまいのような、熱が原因となる症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

息切れとその原因

ダッシュするわんこ呼吸が苦しくなる息切れはいやなものです。

息切れと動悸が同時に起こる方もおいでです。

それは、息切れと動悸の原因が似ているからです。

これらの症状は、胸に熱がこもることで引き起こされます。

胸の熱はそのまま心臓に負担をかけるので動悸が起こります。

そして心拍数が上昇すると肺にも負担がかかり、呼吸がしづらくなるため息切れを起こすのです。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では息切れのような熱が原因の症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

めまいの原因と熱

あつぎのうさぎ手足が冷えて血流が悪くなり体幹部のみ血流量が多くなる場合や、厚着をし過ぎて上半身ばかり暖まって、胸に熱がこもる場合があります。

熱は上昇する性質を持つので頭も熱くなり、のぼせるために、めまいが起こるのです。

今年の冬はやはり暖冬傾向なので冷え症だからと言って過剰に暖かくすると、かえって熱のこもりになることもあります。
また肉体疲労は体に熱を持ちますし、精神的な疲労は直接、心臓に負担をかけ熱を持たせます。

高血圧などの循環器疾患があるとさらに熱が強まります。

冬だからといって、とにかく暖かくすればよいというものではないのです。

めまいでお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください!

動悸 めまい

ストーブやかんねこ前回
「動悸は胸に熱がこもることで引き起こされます」
と書きました。

動悸とめまいがセットで起こることがあるのはなぜなのでしょうか。

胸の熱はそのまま心臓に負担をかけるので動悸が起こる、とも前回書きました。

そして熱は上昇する性質を持つので頭も熱くなり、のぼせるために、めまいが起こるのです。
名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では動悸めまいのような、熱が原因となる症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

動悸の原因

サンタの動悸
TVの市販薬のCMでおなじみの症状である動悸は、胸に熱がこもることで引き起こされます。

胸の熱はそのまま心臓に負担をかけるので動悸が起こるのです。

※これから数回にわけて動悸について書いていきます。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では動悸のような熱が原因の症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

健康と食生活 苦味について

秋桜
東洋医学では食べ物には酸・苦・甘・辛・鹹(かん)の五つの味があり、それぞれ体に対して作用があると考えられています。

実際にその味がしなくても体に対する作用があればその味となります。

そのため特定のものを食べ過ぎたり取らなかったりすると体の働きが偏り、病症が現れます。

これが漢方でいう「不内外因」のひとつです。

苦味:苦味は酸味よりさらに体を冷やす作用があります。

心臓が悪くて胸や頭の熱が強い人は苦味をとるとよいでしょう。

鎮静作用が強いので冷え症の人は避けたほうがよいでしょう。

慢性的な体調不良でお悩みの方、名古屋市中川区の「のぞみはり灸院」まで、ぜひ一度ご相談ください!

感情の傾向が病気の原因になる「内因」喜

笑顔のおばあさん人の持つ感情・情緒が不安定になることや、同一の感情が長期間継続することで体に異変をもたらすことがあります。

東洋医学では怒・喜・思・憂・悲・恐・驚という七つの感情から病になると考え、これを内因または内傷と呼びます。

ここでは内因の「喜」を説明します。

喜びは全身の陽気を巡らせる感情です。

冷え症の人でも喜びにあふれると体が温かくなります。

喜び=笑いともいえるので笑い健康法というものもあります。

子供は陽気が多く巡りも良いのでよく笑います。

喜びが少ないと陰気が強くなり心も体も冷えてしまいます。

陽気の大本は心臓なのですが、何らかの病気で心臓の熱が強いと喜び過ぎ、笑い過ぎの状態になります。

躁鬱病の躁状態がこれにあたります。症状が進むと狂状態まで発展してしまうこともあるので注意が必要です。

※病気の内因としてあげられる感情は、単独で現れる場合もあれば、いくつか混在している場合もあります。

強い悲しみが怒りを生み出していったり、恐怖のあまり気がくるって笑い出してしまうようなこともあり得ます。

人の表している感情や本来表れるべき感情を考慮し、よく診察したうえで、より良い治療ができるようにしていきます。

当院の治療は漢方理論に基づくはり灸を用いた経絡治療を行います。

経絡治療は人の生命力の強化・自然治癒力の亢進を目的としています。

捻挫や打撲などの急性外傷、肩こり・腰痛などの慢性症状、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患、大きな病気や怪我からの体力回復など多岐にわたる治療を行うことができます。
ぜひ一度ご相談ください!

つわり・軽減

赤ちゃんの指
つわりのつらさを軽減するための漢方の側面からの治療としては、血の巡りをよくするために肝臓や心臓のツボを使い、また胃のツボを使ってお腹の熱を和らげます。

まったく食べられなくなると胎児の成長の妨げになりますし、母体も危険なのでしっかりとした治療が必要です。