新型コロナ・後遺症らしきものの治療


東洋医学では体を浅い所(皮膚・筋肉・血管など)、深い所(内臓など)、その中間に分け、どこに病があるかを探して治療をします。

一般的なカゼはほとんどが浅い所の病のため発汗させて治します。

新型コロナは少し深い所に入る事が多く一般的はカゼの治療とは少し変わってきます。

高熱時はそもそも治療ができないので、療養期間を過ぎてからですがほとんどが以前書いた少陽病の治療になります。

症状の中に口が苦い・まずい、食欲不振、めまい、胸や脇腹の痛みが一つでもあれば少陽病であることがわかります。

漢方薬でいえば小柴胡湯かその類方になると思いますが、鍼灸でも同等の治療ができると思います。

新型コロナ後の体調不良にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

コロナ後遺症と言うほどでもない症状


第7波もようやく終わりそうですが、もう累計で感染者は2000万人を超え国民の6人に1人が新型コロナにかかった事になります。

無症状の人も多いのですが、やはり高熱を出す人が多く熱はひいても何か調子がすぐれない人も見られます。

認知障害や運動障害、味覚障害といったはっきりとした後遺症の人は少ないのですが、めまいや頭痛、食欲不振、体力低下などは結構な割合でいると思います。

発熱後、半月たっても調子が悪い人は何らかの治療をしたほうが良いでしょう。

新型コロナ後の体調不良にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

コロナでは死なない?


8月17日の中日新聞朝刊の記事で、愛知県では新型コロナの第7波ではコロナ肺炎による死者はゼロで老衰や持病の悪化などが死因だということです。

現行の基準では死因が何であれ新型コロナに感染していた場合は死因はコロナ死者として計上されるそうです。

コロナ発病による症状や回復後の後遺症は、今までの風邪症状とは違うものだとは実感させられていますが、実際の死因にならないとなるとちょっと考えさせられます。

今までに全国で3万7千人を超える死者が計上されてますが実際にコロナによる死者は何人なのでしょうね。

コロナワクチンの後遺症


昨年から始まった新型コロナのワクチン接種ですが、少しずつその副作用というか後遺症の事例が発現してきました。

名古屋市も深刻に受け止め相談窓口を設置するとのことです。

後遺症は人によって様々ですが、かなりの人に冷え症状がみられます。

1回目、2回目の段階で妙に冷えているなと思う人がいましたが3回目で気温は上がって暖かくなってくるはずなのに何故か冷えが強くなってると思わせる方もいます。

ワクチンの作用機序もわからないし、ただの偶然かもしれないのではっきりしたことはいえませんが今後も注意して診ていこうと思います。

※厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」のページはこちらです。

コロナと飲酒


夏真っ盛りになってからコロナウィルス感染が爆発的に増えてきています。

デルタ株の感染力が強いからという話ですが、発表される感染者の行動ではかなりの割合で飲酒を伴う会食が挙げられています。

アルコールのために盛り上がって飛沫量も多くなるということですがアルコールそのものが感染・または重症化の誘因になってはいないでしょうか?

以前、新型コロナの症状は東洋医学でいう少陽病というものだと書きました。

少陽病とは主に少陽胆経という経絡に病邪が入り込んで起こる病です。

この少陽胆経は厥陰肝経と隣り合っており、病邪がこの胆経と肝経を行ったり来たりして起こるのがコロナ症状で多い往来寒熱(悪寒と発熱を繰り返すもの)です。

肝経は肝臓につながっているのでアルコールで肝機能が落ちれば肝経も弱まり病邪が入りやすくなるということです。

これらの事は単なる想像にしかすぎませんが、感染者というより発症者や重症化した人の飲酒の割合を調べてみるのも一考かもしれません。

※厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」のページはこちらです。

コロナ脱毛

あじさい
新型コロナの後遺症の一つに脱毛症があります。

もともと脱毛症はストレスなどで免疫異常となり自ら毛根を攻撃して起こる自己免疫疾患といわれていますが新型コロナには血管系の症状も多くみられるようです。

血管の炎症が頭皮付近で起これば脱毛症が現れることもありえます。

他の部位でも炎症による症状かも?と思われるようなものが見受けられますが今後専門家たちの研究結果が出されていくと思いますので注視していきたいと思います。

※厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」のページはこちらです。

新型コロナとよくあるカゼの違い

ポピー畑
第4波がついに現れまだピークが見えない状態となっています。

よくあるカゼとの違いをすでにいろんなドクターが解説していますが東洋医学からの視点でも考えてみます。

発熱・咳・倦怠感や筋肉痛などはどちらでもよくみられます。

新型コロナで多いのが寒け・悪寒です。

インフルエンザなどでも悪寒から始まり、その後高熱へと変わっていく事が多いのですが再び悪寒に戻ることはあまりありません。

この発熱と悪寒を繰り返すのは東洋医学でいうところの往来寒熱です。

傷寒論では少陽病といわれます。

この場合、病邪は体の表面にはないので発汗させるような解熱剤では効果はないこともあります。

それどころかもともと体力のない人はかえって悪化する可能性もあります。

特に便秘になったり胸・脇腹が引きつり苦しいときはまさにこの少陽病といえます。

※厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」のページはこちらです。

寒さと乾燥はキケン

こたつで寝る人とねこ
遅ればせながら明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

年が明けてから一段と寒さが厳しくなっていますが乾燥もかなりきついです。

お肌はカサカサ、筋肉もカチカチになってしまいます。

そして喉・鼻の粘膜も乾いてくると防御作用が弱まり容易にウィルスの侵入を許してしまいます。

当然コロナも入ってきます。

冬季に空気の乾燥がきつい太平洋側と、湿気の多い日本海側で感染者の人数にかなりの差があるのは人口の差だけではないと思います。

充分な水分補給と加湿が必要です。

最後に、今年は激動の一年となりそうです。昨年から続いていますが。

巷ではいろんな情報があふれていますが、あてにし過ぎず自身で真贋を見極めてより良い生活を送ってください。

※厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」のページはこちらです。

新型コロナ後遺症

門松
新型コロナ感染症が治ったと思われた後にも様々な症状が残ります。

主なもので倦怠感、呼吸困難感、関節痛、胸痛が多く認められ、その他に咳嗽、嗅覚脱失、目や口の乾燥、鼻炎、眼球充血、味覚障害、頭痛、喀痰、食欲不振、咽頭痛、めまい、筋肉痛、下痢、脱毛などがあります。

ほとんどの症状において、何らかの炎症が残っていることが原因と考えられますが、鍼灸治療によってある程度は改善できるのではないかと思います。

炎症性の病気は熱を持つもので、この熱を発散させるか冷ますかして寛解させることを目的とした治療となります。

ただどうも感染者と発症者の割合や、発症者が重症化する様子から体質的なものがかなり影響すると思われ、その場合、後遺症と言われるものが治っていくのも人によってはかなり時間がかかると思います。

また、ただの風邪だと思っていた人も実際はコロナ感染症の場合もありますので今後、上記の病症の患者が増えてくるかもしれないと思って治療に当たっていきます。

※厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」のページはこちらです。

カゼ

キンモクセイ

今年は春先から新型コロナウィルスの脅威にさらされ続けていて、少しでも風邪症状が現れれば「もしかしてコロナ!?」っていう恐怖に怯えている人も多いと思います。

まだ新型コロナウィルスの実態はわからないことが多いのですが、少なくとも日本人は持病がなくて免疫がしっかり働いている人は大丈夫なようです。

ただ外国では感染者・死亡者がまた増加していってるようなので油断はできません。

風邪っぽいなと思ったらムリせず、栄養を取ってゆっくり休みましょう。

普通のカゼなら2・3日で治ります。

かぜの症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!