首が痛い(冷え)

空と桜
寒いところに長時間じっとしていたり、クーラーの冷風を直接あびたり、もともと血行不良の人は冷えて首肩の痛みが生じやすくなります。

またヘルニアや頸椎症、五十肩など最初は熱がある痛みであっても、時間がたって慢性化してくると冷えに移行してきます。

深いところでズーンとする痛みや背中や腕に広がってくる痛み、いわゆる神経痛が現れることもあります。

表面が冷たく中に熱がこもっていることが多いです。

しばしば痛みのあるところと実際の患部にズレがあるので注意深く観察しながら温まる鍼と灸を施します。

慢性化したものは完治するまで時間がかかることが多いです。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では首・肩の痛みのような症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

首が痛い場合(熱を伴う)

お茶といちご大福
じっとしていてズキズキ痛む、動かすとするどい痛みがある、さわると熱感を感じるものは熱の痛みとみて治療します。(首だけでなく肩も同様です。)

寝違えや、のぼせのある肩こり、使い過ぎや転倒・打撲など外傷性のものなどで急性期はほとんどが熱の痛みになります。

特に熱の強い部分、圧痛・硬結のあるところに強めの鍼や灸を施して熱を取ります。


名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では首・肩の痛みのような症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

首・肩が痛い

梅とメジロ首・肩はよく痛くなるところですが、その原因はかなり多岐にわたります。

普段の姿勢、使い方・負担のかかり方、気候や周りの環境から食事・睡眠、精神状態まで様々な要因が絡み合って症状を現します。

ただ、その症状は熱によるものと冷えによるものに分けられます。

熱が強ければ、その熱を冷ますようにし、冷えが強ければ温めるように治療します。
名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では首・肩の痛みのような症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

首をひねると痛む

nozomiharikyu1当ウェブサイト担当者です!

最近、首をひねると痛むようになりました。

柔術練習中、知らないうちに痛めたか、あるいは座ったままうたた寝していた時に首を前に折り曲げるように寝ていたので、それで痛めたか、どちらか自分でも判然としません。

寝ている時、あるいは運転中、車線変更前に死角を目視する時、首を動かすと重いような、硬いような、痛いような?不快感を覚えるのです。

そこで、のぞみはり灸院電話で予約して、受診することにしました!

診ていただいてすぐに大井先生に
「右にひねったほうが痛いですか?」
と自分でもわかってなかったことを指摘されました。

どっちも痛いのですが、確かに右にひねったほうが痛かったです。

先生によると、首そのもののトラブルではなくて、背中に張りがあるのだとか。背中についてはほとんど自覚できませんでした。

鍼とお灸をしていただいて、首がかなり楽になりました!

のぞみはり灸院のサイト担当をしていて本当によかったと実感する瞬間です!

接骨院の電気で肉離れの後遺症が回復したこともあったのですが、ここ数年は大井先生のところだけです。

本当におすすめです!

首の痛み

案内するナースたとえば腰の痛みと同様、首の痛みも大本は冷えから始まります。
上半身は熱が集まるので、腰とはまた異なった治療方法を選びます。

特に初期の段階では首周りの熱を取り除くことでかなり改善されます。
何日か過ぎると熱が冷めてきて激痛が鈍痛へと緩和されていきます。

湿布などでずっと冷やし続けていると、かえって血行が悪くなって回復が遅れます。

腕にしびれや痛みが出たり、頚椎にゆがみがあるときはヘルニアの疑いがあるので要注意。

いったん良くなったのが再発すると、かなり治りが悪くなるのでしっかりとした治療が必要ですよ。