心因性の腰痛の治療

桃の花
腰痛には大まかに言って筋・筋膜の損傷によるもの、腰椎や椎間板とその周囲の損傷によるもの、心因性によるものに分けられます。

また急性・慢性と分けられます。

心因性の腰痛を治療する場合には、脳の疲労回復を第一に考えます。

冷え・不眠・食欲低下など腰痛と関係なさそうな病症があればそちらを改善するように治療します。

特に冷えはあらゆる病症を引き起こすので、血流を促して温まるようにします。

女性の場合は生理の不順などもありますのでお灸をよく使います。

※心因性の腰痛かも・・・と思い当たった方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

腰椎・椎間板周囲の腰痛の治療

すみれ
腰痛の原因として腰椎や椎間板とその周囲の損傷によるものがあり、また急性・慢性と分けられます。

痛みの場所がはっきりしづらいので、治療も難しくなります。

動作によって痛むことがありますが、安静時に痛むこともあります。

また椎間板ヘルニアや腰椎骨折になると激痛を伴います。

痛みの場所は深いのですが腰椎・椎間板に直接鍼を刺しても意味はなくかえって痛みを強くしてしまうことが多くあります。

まわりの筋肉は固まって弾力性が無くなっているのである程度の張りを出させるようにします。

患部に直接のアプローチは少なくして手足やお腹のツボを使って治療をします。

つらい腰椎・椎間板周囲の腰痛にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

筋・筋膜性腰痛の治療


腰痛には大まかに言って筋・筋膜の損傷によるもの、腰椎や椎間板とその周囲の損傷によるもの、心因性によるものに分けられます。

また急性・慢性と分けられます。

筋・筋膜によるものは、わりと痛みの場所がはっきりしていて特定の動きや姿勢で痛みが強くなることが多いです。

筋肉が筋張って硬くなるのでそれを緩めるようにします。

筋張りは背中や下肢にまで及ぶことが多いので全体を緩めるように治療します。

急性期で炎症がある場合は熱を取るようにします。

慢性になると冷えてくるので血流を促して温めるようにします。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では筋・筋膜性腰痛にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

腰痛の種類

こたつねこ
腰痛には大まかに言って筋・筋膜の損傷によるもの、腰椎や椎間板とその周囲の損傷によるもの、心因性によるものに分けられます。

また急性・慢性と分けられます。

筋・筋膜によるものはわりと痛みの場所がはっきりしていて特定の動きや姿勢で痛みが強くなることが多いです。

損傷部位が浅いので治療がしやすく回復も早めです。

腰椎やその周囲によるものは痛みの場所がはっきりしづらいので、治療も難しくなります。

痛みも動きで痛いのもありますが、安静時でも痛みが出ることが多いです。

また椎間板ヘルニアや腰椎骨折などによる激痛もあります。

心因性の腰痛は腰部にははっきりとした原因が認められず、ストレスや過労などから脳が疲労し、その反応が腰痛として現れるものと推測されます。

常に鈍痛があり鬱傾向が伴うことがあります。

腰痛、そして腰痛に伴う症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

腰痛への対処法


今が一年で一番寒い時期ですが、この寒さは腰にきます。

足元から冷えてきてふくらはぎ、ふとももから臀部・腰へとこわばっていき、重い・鈍い痛みが起こりやすくなります。

冷え込みがきついと神経痛も出てきます。

厚着したり暖房で暖かくしても深いところで固まった筋肉はなかなか緩まず痛みが長引くのが特徴です。

一番良いのは軽い運動。

といってもガンガン汗をかくような運動はかえって冷えてしまうので体が温まる程度の軽い運動が良いですよ。

つらい腰痛の症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

ぎっくり腰

なかよくおしゃべり
最近、ギックリ腰の患者さんが増えています。

春先に多いケガなのですが、このところの寒暖差や空気の乾燥が筋肉を引きつらせて負担をかけたときに傷めてしまうようです。

特に深い部位の筋肉を傷めてしまうと寒さから表面は冷えてしまうので炎症の熱を発散できず、痛みがきつく長引いてしまいます。

治療としては患部の熱を取りながらも体全体は温めるようにしなければならず、少し難しくなります。

痛いところを触ってみて熱さを感じれば湿布等で冷やすと楽にはなりますが、冷たい場合かえって悪化することもあるので注意が必要です。

ぎっくり腰の予防

窓辺で気持ちよさそうに寝る猫
昼間はかなり暖かいものの、夜になるとまだまだ寒さが厳しい気候では筋肉が引きつりやすいのでぎっくり腰の危険度が上がります。

特に体表面が熱を持つと痛めた時の痛みがかなりきつくなります。

ケガの度合は筋膜→筋肉→腰椎の関節部分→椎間板の順に重度になっていきます。

ケガの場所が深くなるにつれて治りが悪くなるということです。

患部への鍼をする深さも変わるわけですが、椎間関節や椎間板へは鍼をしてもあまり効果がなく、かえって悪くすることもあります。

患部の周りに鍼をし、血流を促して熱があれば冷まし、冷えていれば温めるようにします。

そのため手足の一見、関係の無いようなところにも鍼をします。

ぎっくり腰はほとんどが血行不良で引きつった筋肉から起こるので普段から軽い運動、ストレッチなどをしていれば起こる可能性はぐっと減らせます。

腰痛でお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

ぎっくり腰

大井先生のお子さん
40代男性。のぞみはり灸院で腰痛の治療を受けたレポートです。
(写真は受診時に撮った鍼灸院のカウンターの写真です。)

朝、飼い猫のトイレ掃除中に腰が前に滑るかのようなショック。驚いて座り込む。

痛みは大したことないが、不快感が強い。

スボンや靴下を履くのがつらい。

痛みが落ち着いてから出社。

クルマの乗降時に腹に力を入れていないと痛みを感じる。

下腹部をへこませたまま大きく息を吸うと腰がラクになる。

発症の翌日夕方にのぞみはり灸院で受診。

実際に腰の骨が滑ったわけではないとのこと。安心する。

お灸と針で痛みや固さ、不快感が大きくやわらぐ。

ドラッグストアで購入した腰のサポーターというか、腰痛ベルトについて相談。

ベルトをしていると呼吸で下腹部を締めなくともラクになるが、使い続けて副作用がないか、不安だった。

痛みがあるうちは使ったほうがいいとのこと。

冷えに気をつけるようにアドバイスを受ける。確かに、寒くなるにつれて痛みがきつくなるのを感じた。

一週間経過したが、時々不快感があるものの、症状は大きく改善した。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では腰痛にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

酒と腰痛

ひつじと毛糸
アルコールは小腸から吸収され、肝臓に送られて分解が始まります。
先ず酵素によりアセトアルデヒドに分解され、さらに酢酸へと分解されます。

酢酸は血液に乗って全身の筋肉や心臓に移動して最終的に炭酸ガスと水になって体外に排出されます。

この分解の過程で熱が生じます。
飲酒後しばらくして疲労感や筋肉痛が生じるのはこのためです。

ギックリ腰など炎症性の熱を伴う痛みがある人は、さらに熱が強くなるので当然悪化します。

また慢性腰痛など冷えが主体の痛みの人も、アルコール分解による疲労から血行不良となり、熱が冷めた後、急激に冷えることがあるので痛みが増加しやすくなります。

腰痛持ちはアルコールを控えたほうがよいでしょう。

腰痛 病気

晩秋のもみじ内臓疾患から発生した腰痛は、原因疾患の根本治療が必要です。

また骨の変性も修復することは困難なので、痛みの寛解を目指した治療となります。

筋肉・靭帯の痛みは炎症等の熱によりズキズキ痛むもの、冷えによるひきつる痛み、血行不良による重い痛みなど、原因によって痛み方が違います。

のぞみはり灸院では、患部の状態をよく診て、患者さんの訴えをよく聞いて適切な治療を施します。