湿気と暑さ

サルスベリ
梅雨が明けたようで夏真っ盛りの模様です。

ただ台風が近づいてきているようで湿度は高めです。

気温の上昇とともに体にも熱が蓄積してきているのですが湿度が高いと汗をかきにくく、また汗をかいても乾かないため体の熱が発散できない状態になります。

熱がこもるとだるさ、のぼせなどが起こり肩こり・頭痛になりやすいです。

体表面は冷えているので意外とカゼをひきやすく高熱もしばしば見られます。

口内や舌に熱がこもり口内炎や舌炎にもなりやすいです。

体を動かすなどしていっぱい汗をかく、汗をかいたら早めに着替え汗を拭きとる、お風呂に入るなどで熱をこもりにくくすることが重要です。

風は百病の始まり

桜
春になってから毎日のように強い風が吹いています。

東洋医学の古典には風は百病の始まりと書いてありまして、強い風にあたると様々な病を引き起こすと考えられています。

冷える時もあれば熱を持つ時もあり、カゼをひいたりのぼせたりめまいや耳鳴り等もよく起こります。

屋内にいて直接、風にあたらなくても何らかの影響を受けて症状が現れることもあります。

古くは西洋でも、ある地域では強い風は魔女の風と呼ばれ、そういう時期には人々はおかしくなってしまうという伝説めいた話もあります。

今春は寒暖差もあり特に何もしていなくても体調を崩しやすいので早寝早起き等、規則正しい生活を心がける必要があります。

体調不良でお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

花粉症 症状

春はだんだん暖かくなってきますが、まだ寒さも残っている状態。このような時に冷えのぼせが発生しやすくなります。

熱のこもりが強くて足だけが冷える人、冷えが強くて胸から上が熱い人。どちらものぼせになるので肩こり・頭痛・めまいなどの症状が出やすくなります。

花粉症も熱によって乾かされた目や鼻・喉の粘膜に花粉が付着して炎症を引き起こすので目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、咳などの症状が出ます。
こねことこうさぎ
しかし熱の症状だからといって、冷えが主体の人に対して熱を冷ますような治療をするとかえって冷えが強くなり、上部の熱もまた強まります。

冷えの人はやはり温めることを目的にして治療します。熱が強い人は当然、その熱を冷ます治療をします。

粘膜のみならず、体全体も乾燥傾向にあるので冷やすというよりは体を潤すように治療します。

便秘もある人は便が出るようになれば体が潤ったとみます。

寒暖差が激しいと、体も冷えたり熱を持ったりと行ったり来たりになるので、よく観察してその時の体の状態にあった治療をします。

花粉症のような症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

首が痛い場合(熱を伴う)

お茶といちご大福
じっとしていてズキズキ痛む、動かすとするどい痛みがある、さわると熱感を感じるものは熱の痛みとみて治療します。(首だけでなく肩も同様です。)

寝違えや、のぼせのある肩こり、使い過ぎや転倒・打撲など外傷性のものなどで急性期はほとんどが熱の痛みになります。

特に熱の強い部分、圧痛・硬結のあるところに強めの鍼や灸を施して熱を取ります。


名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では首・肩の痛みのような症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

逆子の原因

妊婦さん逆子になる原因は子宮の形の異常や、赤ちゃんが双子・三つ子などの子宮内のスペースの問題によるものがありますが、赤ちゃんが一人で子宮にも特に問題のない場合も多くみられます。

その場合、多くは妊婦さんの冷え・のぼせが原因であると考えられます。

妊娠中は体温が上がり暑く感じますが、お腹が大きくなるため下半身への血流が悪くなり、足が冷え、むくみやすくなります。

赤ちゃんはお母さんの足側の冷えを嫌がり、温かい上側に頭を向けてしまうのではないかと思われます。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では逆子のようなケースにも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

めまい症

足湯手足が冷えてのぼせるのは女性に多く、特に貧血や低血圧の人に多くみられます。

血そのものが足りないか足りていても循環が悪いので、血を増やし血行をよくするように治療します。

血の循環にかかわる肝や血の生成にかかわる脾のツボを目当てに鍼をします。

またお灸も多く使用します。

めまい症でお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください!

めまい 病院

うぐいす春にはめまいがよく現れます。

めまいが現れる病気にはメニエール病が最も多く、後は高血圧・低血圧・貧血などがあります。

ただ原因がよくわからないめまいもあります。

いづれの病気にせよ、めまいの症状が現れるときはのぼせがあって、頭部・頚部・肩背部に熱がこもっています。

春は気温が上がってきて体も温まってくるのですが、朝晩はまだ寒く手足が冷えてのぼせやすくなるのです。

そのため、名古屋市中川区ののぞみはり灸院では、この上半身にこもった熱を取り除くことを目的に治療します。

ぜひ一度ご相談ください!

東洋医学から見た病気の原因 外因 風

風神体に悪影響を及ぼす原因のうち、季節・気候・気温・湿度・気圧など外から来るものを外因といいます。
風・暑・湿・燥・寒・火の6つがあります。

風:
風は万物の成長を促します。

実際の風は気圧の差による空気の移動ですが、人体の中を流れる気も風によって移動が促進します。

気の流れが強すぎると体内の水分が乾かされ熱を生じます。

風の強い日に洗濯物がよく乾くのと同じです。

水分不足で生じた熱は体温計で計っても平熱か微熱程度ですがのぼせやめまい、耳鳴りなどを引き起こし不眠の原因にもなります。

また筋肉も引きつり動かしづらくなります。

昔は脳梗塞や脳出血による麻痺を中風といったのも、風がその原因と考えられていたからです。

※6つの病因は暑と寒、湿と燥といった相対するものでなければ2つ3つが合わさって病気を引き起こすこともあります。

体の状態、現れている症状などをよく観察して適切な治療を施すように心がけています。

当院の治療は漢方理論に基づくはり灸を用いた経絡治療を行います。

経絡治療は人の生命力の強化・自然治癒力の亢進を目的としています。

捻挫や打撲などの急性外傷、肩こり・腰痛などの慢性症状、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患、大きな病気や怪我からの体力回復など多岐にわたる治療を行うことができます。
ぜひ一度ご相談ください!

眠れない

春眠暁を覚えず春眠暁を覚えずのことわざ通り、頭が熱いとぼんやりして昼間も眠い状態になりやすいです。

頭が熱い状態とは、春先の暖かな陽気が上半身、特に頭部のみに集中して足はまだ冷たい状態のこと。これが「のぼせ」です。

のぼせが強いと逆に夜、寝ようとしても寝れず、眠りにつくまでに30分から1時間、人によってはそれ以上かかってしまうこともあります。

運動で適度に体を疲れさせることと、目や脳の使い過ぎに気をつけることが大事です。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では夜眠れない・睡眠障害のような熱症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

集中できない

春先の暖かな陽気が上半身、特に頭部のみに集中して足はまだ冷たい状態だとのぼせ症状が現れます。
のぼせやすいのでイライラしたり集中力が低下しやすいです。

物事を計画的にすすめられず、さらにイライラが強くなります。

頭部に血が集まりやすく余計なことまで考えてしまいがちです。怒りっぽくなる人は手足を温めましょう。
梅リボン
名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ではイライラ・集中力低下のような熱症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!