冷えのぼせの治療


基本は血行を良くして足が温まるようにします。

むくみがあれば排尿を促して体の余分な水分を排出し、肌の乾燥があれば潤うようにします。

それだけでのぼせが解消されることもありますが、まだ上半身に熱が残ってる場合は少し汗をかかせるなどで熱を発散させていきます。

※冬に起こる腫れのない関節痛、腰痛、ぎっくり腰、咳、動悸、頭痛などの症状は、冷えのぼせが原因である疑いがあります。
ぜひ名古屋市中川区の、のぞみはり灸院一度ご相談ください!

冷えのぼせから来る症状

ゆきうさぎ
比較的、上半身は熱から来る症状が多く、下半身は冷えからの症状が多いです。

首肩まわりに熱がこもるとコリとなり、上って頭痛となります。

胸の熱は喉を乾かし咳となり、深くなると動悸や息切れを起こします。

下半身の冷えからくるもので最も多いのは腰痛です。

ぎっくり腰は急性期は炎症を起こし熱を伴いますが、もともとは冷えて固まっていた腰に負担がかかったことによって起こることが多いです。

冷えが深くなると神経痛を起こすことも多く、腫れのない関節痛も冷えによることがほとんどです。

肉離れ・筋挫傷

満開の桜

春がいよいよ本格的になってきました。

暖かくなった分、体を動かしやすくなりましたが寒暖の差が激しいので、体のほうは思ったより軟らかくなっていません。

また体の表面より中のほうが乾燥しやすく筋肉の潤いが弱いので、つっぱりやすくなります。

そうすると背中・腰・足などがつりやすい、ちょっとしたことで痛めてしまうこともあります。

そしてスポーツや仕事などで肉離れやギックリ腰などになる可能性がグーンと上がってしまいます。

朝晩はまだまだ寒いので温かくすること、水分をしっかり補給して体の潤いを保つことが予防につながります。

もし怪我をしてしまったら、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

捻挫と治療法

しろくま
本格的な夏の暑さになってくると、体のほうも熱がこもってくるようになります。

このような時にスポーツや肉体労働などでケガをすると他の季節よりも熱が強い分痛みも強くなります。

肉離れやぎっくり腰など筋肉のけがは寒い時のほうがきついのですが、関節のケガ、捻挫や関節炎は暑い時期のほうがきつくなります。

やったばかりの急性期は特に腫れて痛みがきついので適切な処置が重要になります。

昔から言われているのにRICE処置というものがあります。

R:Rest しっかり休めて負担をかけない。
I:Ice  氷嚢などで冷やす。
C:Compress テーピング等で圧迫する。
E:Elevate  患部を心臓より高くする。

このような処置を行い急性期をできるだけ早く終わらせなければなりません。

捻挫でお困りの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

ぎっくり腰

大井先生のお子さん
40代男性。のぞみはり灸院で腰痛の治療を受けたレポートです。
(写真は受診時に撮った鍼灸院のカウンターの写真です。)

朝、飼い猫のトイレ掃除中に腰が前に滑るかのようなショック。驚いて座り込む。

痛みは大したことないが、不快感が強い。

スボンや靴下を履くのがつらい。

痛みが落ち着いてから出社。

クルマの乗降時に腹に力を入れていないと痛みを感じる。

下腹部をへこませたまま大きく息を吸うと腰がラクになる。

発症の翌日夕方にのぞみはり灸院で受診。

実際に腰の骨が滑ったわけではないとのこと。安心する。

お灸と針で痛みや固さ、不快感が大きくやわらぐ。

ドラッグストアで購入した腰のサポーターというか、腰痛ベルトについて相談。

ベルトをしていると呼吸で下腹部を締めなくともラクになるが、使い続けて副作用がないか、不安だった。

痛みがあるうちは使ったほうがいいとのこと。

冷えに気をつけるようにアドバイスを受ける。確かに、寒くなるにつれて痛みがきつくなるのを感じた。

一週間経過したが、時々不快感があるものの、症状は大きく改善した。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では腰痛にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

筋肉痛

春の菜の花
春は体が温かくなって動きやすくなるのですが、熱がうまく発散されずこもってしまうと筋肉も熱を持ってつっぱります。

運動をすると筋肉痛になりやすく、手足がつったり肉離れを起こしやすいのもこの季節の特徴です。

寝違えやギックリ腰も起こしやすいので姿勢や動作にも注意が必要です。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では筋肉痛のような春先に起こりがちな症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!