めまい症

足湯手足が冷えてのぼせるのは女性に多く、特に貧血や低血圧の人に多くみられます。

血そのものが足りないか足りていても循環が悪いので、血を増やし血行をよくするように治療します。

血の循環にかかわる肝や血の生成にかかわる脾のツボを目当てに鍼をします。

またお灸も多く使用します。

めまい症でお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください!

酒と腰痛

ひつじと毛糸
アルコールは小腸から吸収され、肝臓に送られて分解が始まります。
先ず酵素によりアセトアルデヒドに分解され、さらに酢酸へと分解されます。

酢酸は血液に乗って全身の筋肉や心臓に移動して最終的に炭酸ガスと水になって体外に排出されます。

この分解の過程で熱が生じます。
飲酒後しばらくして疲労感や筋肉痛が生じるのはこのためです。

ギックリ腰など炎症性の熱を伴う痛みがある人は、さらに熱が強くなるので当然悪化します。

また慢性腰痛など冷えが主体の痛みの人も、アルコール分解による疲労から血行不良となり、熱が冷めた後、急激に冷えることがあるので痛みが増加しやすくなります。

腰痛持ちはアルコールを控えたほうがよいでしょう。

腰痛 病気

晩秋のもみじ内臓疾患から発生した腰痛は、原因疾患の根本治療が必要です。

また骨の変性も修復することは困難なので、痛みの寛解を目指した治療となります。

筋肉・靭帯の痛みは炎症等の熱によりズキズキ痛むもの、冷えによるひきつる痛み、血行不良による重い痛みなど、原因によって痛み方が違います。

のぞみはり灸院では、患部の状態をよく診て、患者さんの訴えをよく聞いて適切な治療を施します。

腰痛 ツボ

紅葉 保殿の滝腰痛、と一口に言っても原因によって痛み方が違います。
患部の状態をよく診て、患者さんの訴えをよく聞いて、適切な治療を施します。

熱による痛みには鍼を少し深く刺してゆっくり抜き、患部にこもった熱を外に取り除くようにします。

冷えによる痛みには鍼を浅く刺してしばらく置いたままにして血行を促して患部を温めます。

血行不良によるものは冷えの腰痛に対する施術と同じですが、さらに全身の血行を促すために患部から離れた場所にも施術します。
特に下肢、膝裏やふくらはぎなどにしっかり施術します。

背中の痛み

自転車の女性肉体労働や長時間、同じ姿勢で作業することで、背中の筋肉が疲弊し凝り固まり、背中に痛みが生じることがあります。

多くは肩こりや腰痛を伴います。鍼灸で血行を良くしコリをほぐすことで回復します。

しかし疲労とは関係なく痛みを生じることもあります。

胸苦しさや胸痛と同時に起こる場合は狭心症や心筋梗塞の疑いがあります。

心筋梗塞は今までに経験したことのない強烈な痛みといわれますが、割と軽い痛みのこともあるので注意が必要です。

便秘のツボ

つぼ・合谷中川区にお住まいの、40代・女性の患者さんが来院されました。

肩・首の痛みをとりたくて治療に来られたのですが、お話をうかがってみると、慢性的に便秘であるとのことでした。

むくみが嫌なのであまり水分を取らないようにしていたので、血液中の水分が少なくなり、かえって血行が悪くなって体に熱がこもり、腸の働きも悪くなって便秘になっていたようです。

血液を潤わせるために膝の内側にある曲泉、大腸の働きをよくするために手の示指と母指の間にある合谷(写真)、この二つのツボをメインに、あとは背中や足のコリの強いところを治療しました。

3回くらいの治療で熱がぬけて肩の痛みも治まり、便通も良くなりました。

特に合谷穴は大腸に関わりがあるのですが、疲れ目などにも効果があるので、気が付いたときに軽く揉むといいですよ、とアドバイスしています。

便秘・解消

ブルーベリー
便秘の原因で多く見られるのは、血行が悪くなり胃腸に熱がこもり、便が乾いて固くなってしまう、というものです。
血行が悪いことで大腸自体の働きも悪く、便を押し出すいわゆる蠕動運動が弱くなることもあげられます。

患者さんのタイプとして、手足は冷えるが全体としては熱く、のぼせて首肩のコリが強い人、肌の乾燥が強い人に多くみられます。
冷えが強くても頻尿の人は、その分、腸に行く水分が少ないので、便が固くなりやすいのです。

円形脱毛症・完治

ふわふわの子猫
円形脱毛症・漢方の続きです)
鍼灸の治療では全身の血行を良くして
・「のぼせ」を解消すること
・頭部の血行をよくして栄養を行き渡らせること
・「血」の不足が起こりにくい体にすること
などを目的として、ツボを使って治療します。

全身の状態をよくする事が治癒への近道ですので、もちろん全身にはり・灸を行います。

すごい冷え症で、手の平くらいの円形脱毛を患った方がいらっしゃったことがありました。
それで全身の血行が良くなるような治療を10ヶ月間、週1回ずつ続けたところ、完治しました。
ですが、治るのにはかなり個人差があります。

生理不順と漢方

ピンクのバラ女性の生殖器にかかわる病気を古くは血の道の病といい、治療にはお灸が良いといわれています。

お灸で温めて血液循環を良くすることで、症状は改善されます。

鍼灸院・口コミ 関節リウマチ

ママさんバレー60代女性。
6年ほど前に発熱してから関節痛が数か月続きました。
最初は風邪による関節痛だといわれましたが、詳しく検査した結果、リウマチと診断されました。

痛みのせいで夜も眠れず家事はおろか日常生活もほとんどできない状態でした。
痛みは肩・膝・手首など全身にわたっています。

この方はむくみがかなりひどく冷えが強いのが特徴でした。
血行を良くして尿をしっかり出させることで体が温まるように鍼灸治療すると楽になります。

病院では5週間に一回、生物学的製剤の抗リウマチ薬を点滴してもらっています。

発症してから3年くらいは悪化と寛解を繰り返していましたが、骨変形はほとんど見られず、現在は趣味のバレーボールも楽しめています。