寒暖差

こたつとねこと女の子今年もあと二か月、これからどんどん寒くなっていきますが、一日の最高気温と最低気温の差が10度を超えると人間の
体にはかなりの負担となります。

昼の暖かいときは血管が拡張し熱を発散させる働きをしますが暗くなってきて気温が下がると血管は収縮し熱を逃がさないようにします。

そのときは当然、血流も悪くなりますが昼に発散しきれなかった熱が残っていると、手足のみが冷えて頭は熱いといういわゆる冷えのぼせの状態になります。

ここから肩首のコリ、頭痛・めまいなどの症状が現れることもあり、また喉や鼻の粘膜が弱い人はくしゃみ、鼻水、咳などアレルギー症状になることもあります。

人間の皮膚にはいろいろな防御作用がありますが、気温の変化に対しても働いているので皮膚を強くすることも寒暖差の対処法の一つとなります。

適度に運動をして汗をかく習慣をつける。乾燥に気を付ける。

昔の人が推奨した乾布摩擦なども効果があるのです。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では寒暖差からくる疲労や体調不良にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

花粉症 漢方

クローバー
今年は花粉の飛び始めが早く、飛散量も多いようです。

去年はあまり症状が出なかった人も、今年はかなり激しく出てきています。

症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりが多いのですが、目のかゆみや喉の違和感、咳なども多くなっています。

くしゃみやダラダラ流れる鼻水は冷えの症状なので体を温める治療をします。そうして発汗や排尿を促して体の余分な水を排出します。

鼻づまり、目のかゆみ、咳などは熱の症状です。パソコン作業などで目を酷使すると熱を持つので粘膜が乾き、アレルギー反応が出ます。

カゼなどで喉の粘膜が炎症を起こしても同じようになり、咳が出やすくなります。

今年は空気の乾燥がきついので粘膜も乾きやすくなっています。

そのため涙やつばなどで花粉を排出しづらく、花粉に対するアレルギー反応が強く出ているようです。

熱の症状の人は体の水分の循環を促し、乾いたところを潤すように治療をします。1,2回の治療ではすぐに元に戻ってしまうので継続して治療することが必要です。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では花粉症の諸症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

寒暖差アレルギー

紅葉
秋になると一日のうちの寒暖の差が激しくなり、昼夜の温度差が10度以上になることもあります。

また空気も乾燥するので肌もカサカサになりやすく、乾燥した体は温まりやすく冷えやすい状態になります。

昼に温まった体が夜になると冷えてくるのですが、体表面から冷えてきて熱を体の深部に押し込めることになります。

また冷えにより血液循環が悪くなるので深部に押し込められた熱が停滞します。その停滞した熱がアレルギー症状を発症させることがあります。

アレルギー症状は花粉症やアトピー性皮膚炎などと同様に鼻・喉・皮膚症状など様々です。

激しい寒暖差は春にも現れるので、この時期には温まりすぎないよう冷えすぎないよう注意することが必要です。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ではアレルギーのような症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

気管支喘息 原因

木漏れ日
気管支喘息とは気道に慢性的な炎症が起こり、気道が過敏になることで発作性の呼吸困難・咳・喘鳴を繰り返し起こす病気です。

その原因としては、ダニやほこりなどハウスダスト等が原因となってアレルギー性の炎症を起こすアトピー型と、それ以外の原因で起こる非アトピー型に分けられますが症状に違いはありません。

小児の喘息は気道の炎症を薬によって抑えることで発作の発症をコントロールできれば成長するに従って、自然に治っていくことがほとんどです。

大人になるまで喘息を持ちこしたり、大人になってから発症した場合は長期にわたり症状が続くことのほうが多いです。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では喘息のようなつらい症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

食物アレルギー 症状

食事する女の子食物アレルギーの症状には即時型と非即時型があります。

即時型とは原因の食べ物を摂取してから数分で症状が現れるものです。

多くはじんましんが顔から始まり全身に広がっていきます。

他には咳や鼻水、嘔吐下痢などの症状も現れることがあります。

非即時型は遅延型とも呼ばれ、原因の食べ物を摂取してから数時間後、人によっては数日後に胃腸症状や皮膚症状が現れるもので、食物アレルギーと診断されるのが非常に難しいです。

また食後に運動することでアレルギー症状が現れる場合もあります。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では食物アレルギーのような症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

アレルギーとは

子犬
人間の体は外界から入ってきた異物を排除するために免疫という機能を持っています。

免疫機能は正常に働いていれば細菌やウィルスから体を守ってくれます。

しかし何らかの原因で過剰に働き、通常では反応しないものにまで免疫作用が働いてしまい体に何らかの症状が現れた場合をアレルギーといいます。

アレルギーで起こる病気には食物アレルギー・アトピー性皮膚炎・気管支ぜんそく・アレルギー性鼻炎などがあります。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ではアレルギーのような症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

花粉症対策

ヨーグルトとジュース花粉症はスギ・ヒノキなどの花粉によるアレルギー反応で、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどが起こる病気です。つまり花粉に対する過剰な免疫反応、とも言えます。

食の西洋化による高タンパク質・高脂質食による腸内環境の悪化が免疫異常を引き起こすといわれていますが、それよりも炭水化物などの糖質の取りすぎが原因になると考えられます。

日本人はお米やパン・麺類などの主食やケーキ・クッキー・まんじゅうなどの菓子類までかなりの量の糖質を摂取しています。
糖質は人間のエネルギー源なのですが、使われないエネルギーは通常、脂肪になります。

しかしすべて脂肪に変わるわけではなく、ある程度はすぐに使えるグルコース等になって筋肉や肝臓に蓄積します。これが過剰になった場合、強い熱が生じるのではないかと考えられます。

また小麦粉アレルギーなど糖質そのものに対するアレルギーもあるので注意が必要です。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では花粉症にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

花粉症 治療

走るサラリーマンとOL
花粉症はスギ・ヒノキなどの花粉によるアレルギー反応で、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどが起こる病気です。

原因となる花粉が飛散する季節に起こる病気なので季節性アレルギー性鼻炎ともいいます。

ストレス過多だと自覚している方はご注意を。まったくストレスのない人はいないと思います。

ですが、常にストレス下にあり心労を抱えている人は、しばしば免疫が過剰反応し、花粉などの原因物質に対して強いアレルギー反応が生じます。

のぞみはり灸院(名古屋市)では花粉症にも対応しております。まずはお問い合わせください!

花粉症

杉花粉症
花粉症はスギ・ヒノキなどの花粉によるアレルギー反応で、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどが起こる病気です。

原因となる花粉が飛散する季節に起こる病気なので季節性アレルギー性鼻炎ともいいます。

ダニやペットの毛・ハウスダストなどが原因で起こるものは通年性アレルギー性鼻炎といいます。

どちらも微熱や胃腸症状を併発することがあり、しばしば風邪と間違われることがあります。

また、喘息やアトピー性皮膚炎と合併することが多いです。
名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では花粉症にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

寒暖差アレルギー

紅葉と石畳最近は季節の変わり目。夏か秋か、わかりにくい気候です。

カゼでもなく花粉症でもないけど、くしゃみや鼻水が出るといった症状が続く人は、寒暖差アレルギーかもしれないと最近話題になっています。

鼻粘膜の血管が寒いときは収縮、暖かいときは拡張しますが、気温の変化に体がついていけない時に鼻炎症状がでるそうです。

鼻の症状がわかりやすいのでアレルギーだといわれていると思いますが、他にもなんか熱っぽい(発熱はしてないか極めて微熱)、手足は当然冷たい、食欲は無くお腹を壊しやすいなどの症状もあるかと思います。

これも冷え、血行不良が極まったものです。
冷え症の症状に、何らかの病名を付けようとして出てきたのでしょう。