風は百病の始まり

桜
春になってから毎日のように強い風が吹いています。

東洋医学の古典には風は百病の始まりと書いてありまして、強い風にあたると様々な病を引き起こすと考えられています。

冷える時もあれば熱を持つ時もあり、カゼをひいたりのぼせたりめまいや耳鳴り等もよく起こります。

屋内にいて直接、風にあたらなくても何らかの影響を受けて症状が現れることもあります。

古くは西洋でも、ある地域では強い風は魔女の風と呼ばれ、そういう時期には人々はおかしくなってしまうという伝説めいた話もあります。

今春は寒暖差もあり特に何もしていなくても体調を崩しやすいので早寝早起き等、規則正しい生活を心がける必要があります。

体調不良でお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

子供と風邪

クリスマスの子供部屋
カゼが流行っています。

日によって寒さが厳しかったり暖かかったりして気候が定まらない冬となっています。

そんな気候に体のほうは対応しきれず調子を崩しやすくなってます。

そのためカゼひきさんが大変多くなってきました。

特に子供は気温の影響を受けやすいためカゼをひいて咳・鼻水の子が多くなっています。

また、インフルエンザもちらほら流行り始めています。

できるだけ暖かくすること、昼夜の温度差が激しいので特に暗くなってから冷えないようにしてあげてください。

食べ物も暖かいもの、あとビタミンCを取るように心がけましょう。

風邪にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

ぎっくり腰

なかよくおしゃべり
最近、ギックリ腰の患者さんが増えています。

春先に多いケガなのですが、このところの寒暖差や空気の乾燥が筋肉を引きつらせて負担をかけたときに傷めてしまうようです。

特に深い部位の筋肉を傷めてしまうと寒さから表面は冷えてしまうので炎症の熱を発散できず、痛みがきつく長引いてしまいます。

治療としては患部の熱を取りながらも体全体は温めるようにしなければならず、少し難しくなります。

痛いところを触ってみて熱さを感じれば湿布等で冷やすと楽にはなりますが、冷たい場合かえって悪化することもあるので注意が必要です。

夏の寒暖差


暑さによる熱中症は十分注意すべきことですが、屋外・屋内の寒暖差も体調を崩す原因となります。

外が38℃越えで家の中が28℃とかだと寒暖差10℃はあります。

何度も行き来すると体温調節ができなくなり熱中症はもちろんカゼをひくこともあります。

特に汗をかいたまま涼しいところに行くと体が冷えすぎてしまいます。

できるだけ温度差がないようにしなければなりません。

肺炎

公園で遊ぶ子どもたち
寒暖差が激しいと体調を崩し様々な病症を引き起こしやすくなることは、いままで何度も触れてきましたが特に気を付けなくてはいけないのがカゼです。

昔はカゼは冬場、寒い時期のものでしたが今では一年を通してカゼひきが流行るようになっています。

特に抵抗力の低い子供と老人はカゼひいたと思ってたら肺炎になってしまうこともしばしば見受けられます。

普通のカゼであれば3日ほどおとなしくしていれば治っていきます。

もし4~5日たっても治まらなければ肺炎やほかの疾患を疑います。

ただ普段から体調管理に気を付けてカゼをひかないようにすることがなにより大事です。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

肉離れ・筋挫傷

満開の桜

春がいよいよ本格的になってきました。

暖かくなった分、体を動かしやすくなりましたが寒暖の差が激しいので、体のほうは思ったより軟らかくなっていません。

また体の表面より中のほうが乾燥しやすく筋肉の潤いが弱いので、つっぱりやすくなります。

そうすると背中・腰・足などがつりやすい、ちょっとしたことで痛めてしまうこともあります。

そしてスポーツや仕事などで肉離れやギックリ腰などになる可能性がグーンと上がってしまいます。

朝晩はまだまだ寒いので温かくすること、水分をしっかり補給して体の潤いを保つことが予防につながります。

もし怪我をしてしまったら、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

寒暖差

こたつとねこと女の子今年もあと二か月、これからどんどん寒くなっていきますが、一日の最高気温と最低気温の差が10度を超えると人間の
体にはかなりの負担となります。

昼の暖かいときは血管が拡張し熱を発散させる働きをしますが暗くなってきて気温が下がると血管は収縮し熱を逃がさないようにします。

そのときは当然、血流も悪くなりますが昼に発散しきれなかった熱が残っていると、手足のみが冷えて頭は熱いといういわゆる冷えのぼせの状態になります。

ここから肩首のコリ、頭痛・めまいなどの症状が現れることもあり、また喉や鼻の粘膜が弱い人はくしゃみ、鼻水、咳などアレルギー症状になることもあります。

人間の皮膚にはいろいろな防御作用がありますが、気温の変化に対しても働いているので皮膚を強くすることも寒暖差の対処法の一つとなります。

適度に運動をして汗をかく習慣をつける。乾燥に気を付ける。

昔の人が推奨した乾布摩擦なども効果があるのです。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では寒暖差からくる疲労や体調不良にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

季節の変わり目と体調不良

金木犀
今年は猛暑といわれる暑さはあまりなく、もう秋の到来を感じさせます。

気温の低下も急に訪れ、もう冷え症状を現している患者さんがいらっしゃいます。

一日の寒暖の差が激しくなり、足元が冷たく頭が熱いいわゆる冷えのぼせの症状が多くなってきました。

冷えが強くなってカゼをひく人も増えています。

また空気が乾燥すると喉・鼻の粘膜も乾いて炎症を起こし、秋の花粉症が現れている人も増えてきました。

この季節の変わり目の寒暖差が体調を崩す原因となりますので、特に夜、暗くなってから冷えすぎないよう気をつけなければなりません。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では体調不良のような症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

花粉症 症状

春はだんだん暖かくなってきますが、まだ寒さも残っている状態。このような時に冷えのぼせが発生しやすくなります。

熱のこもりが強くて足だけが冷える人、冷えが強くて胸から上が熱い人。どちらものぼせになるので肩こり・頭痛・めまいなどの症状が出やすくなります。

花粉症も熱によって乾かされた目や鼻・喉の粘膜に花粉が付着して炎症を引き起こすので目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、咳などの症状が出ます。
こねことこうさぎ
しかし熱の症状だからといって、冷えが主体の人に対して熱を冷ますような治療をするとかえって冷えが強くなり、上部の熱もまた強まります。

冷えの人はやはり温めることを目的にして治療します。熱が強い人は当然、その熱を冷ます治療をします。

粘膜のみならず、体全体も乾燥傾向にあるので冷やすというよりは体を潤すように治療します。

便秘もある人は便が出るようになれば体が潤ったとみます。

寒暖差が激しいと、体も冷えたり熱を持ったりと行ったり来たりになるので、よく観察してその時の体の状態にあった治療をします。

花粉症のような症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

寒暖差アレルギー

紅葉と石畳最近は季節の変わり目。夏か秋か、わかりにくい気候です。

カゼでもなく花粉症でもないけど、くしゃみや鼻水が出るといった症状が続く人は、寒暖差アレルギーかもしれないと最近話題になっています。

鼻粘膜の血管が寒いときは収縮、暖かいときは拡張しますが、気温の変化に体がついていけない時に鼻炎症状がでるそうです。

鼻の症状がわかりやすいのでアレルギーだといわれていると思いますが、他にもなんか熱っぽい(発熱はしてないか極めて微熱)、手足は当然冷たい、食欲は無くお腹を壊しやすいなどの症状もあるかと思います。

これも冷え、血行不良が極まったものです。
冷え症の症状に、何らかの病名を付けようとして出てきたのでしょう。