夏の貧血(汗かき編)


夏は栄養を十分に取れなくなって貧血になることもありますが、過剰な発汗によっても貧血になることがあります。

汗の元は血液です。汗とかくことで血液中の水分がどんどん減少します。

ある程度までなら補給すれば回復しますが、飲食で体内に入った水分は吸収されて血液に回るまでは時間がかかるので、大量発汗の場合追いつきません。

ずーっと汗をかき続ける状況だとどんどん血液が減っていってるようなものです。

この場合も貧血様の症状が起こりますが、最悪の場合はショック状態を起し死に至る危険性もあります。いわゆる熱中症の一つです。

屋外での労働や運動はもちろん、屋内でも起こりえますので十分注意をしなければなりません。

貧血の症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

気候によるだるさ


これから梅雨に入っていきますが、人間余分な水、いわゆるむくみが多くなると体が重くなりだるくなります。

これに熱が加わるとだるさが強くなります。

東洋医学では湿熱といいますが症状としてはだるさに加え消化不良など胃腸症状や湿疹など皮膚症状も現れるので発汗させる・排尿させるなどしっかりとした治療が必要です。

だるさの症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

飲食によるだるさ


食べ過ぎるとだるくなります。水分の取り過ぎでもだるくなります。

酒の飲み過ぎが一番だるいです。

なんでも摂取しすぎると胃腸をはじめ各内臓に負担をかけます。

その回復にはかなりのエネルギーを使うため脳や筋肉に向かう栄養が少なくなりいつまでもだるさが抜けなくなります。

疲労回復のためにいっぱい食べてさらに疲れるという悪循環に陥ることが結構見られます。

だるさの症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

ギックリ腰


名古屋では秋から冬は乾燥の季節です。

体も乾いてきて筋肉もつっぱりやすくなってきます。

そうして起こりやすくなってくるのがギックリ腰です。

夏は汗かいてその分、水分も取ろうとしますが秋になるとつい水分摂取がおろそかになってしまいます。

気が付かないうちに乾燥が進んでしまうのです。

筋肉だけでなく肌や粘膜も乾燥してしまうのでお肌のトラブルや花粉症などもでてきます。

まずは水分摂取ですね。

※ぎっくり腰、お肌のトラブル、花粉症のような症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

むくみとだるさ

水分補給を心がけることは大事ですが、むくみとなってたまってくるとその分からだも重くなります。

余分な水分は体を冷やしますし、汗をかかないと体の奥のほうで熱をこもらせます。

これがだるさの原因となるので適度な発汗、あと排尿も大事になります。

むくみ・だるさのような症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

腰痛


長い梅雨が終わり真夏の暑さがやってきました。

天気も良く日差しがかなりきついのですが、湿気もあり蒸し暑くもあります。

この気候でエアコンでガンガンに冷やすと体の表面がかなり冷えます。

しかし中のほうの熱はさほど冷めないのでかえって熱がこもり、表面はむくみ中は乾燥という状態になってきます。

こんな時、注意しなければならないのがギックリ腰です。

乾いた筋肉は引きつりやすいので傷めやすく、熱がこもりやすいので痛みもかなりきつくなります。

冷やしすぎないようにしながらも、水分補給もしっかりしなければなりません。

腰痛の症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

むくみの多い冷え症

表面が冷えて中に熱がこもるタイプになります。

発汗・排尿を促して余分な水分を排出するとともに、こもった熱を体外に逃がしてやります。

ただ寒い時期は汗をかきすぎるとかえって冷えてしまうので注意が必要です。
冷え性・むくみの症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

水分過多

蓮の花
暑くなってきて水分をしっかり取るように言われますが、取りすぎると体にたまってきます。水帯です。

体がだるく重くなるのですが、真っ先に疲れてくるのは胃です。

特に冷飲食が過ぎると胃が冷えてきて、長く続くと食欲不振になります。

で、食べられず栄養不足になり、より疲れやすくなるという悪循環に陥ります。

胃の疲れ、冷えは鍼灸でなんとかなりますが、まずは飲食の不摂生を控える必要があります。

梅雨の病

あじさい
雨が多く湿気がぐんと強まる梅雨の時期は、人の体も水分がたまっていきます。

いわゆるむくみが強くなります。東洋医学では水帯といいます。

水帯が強いと、体はだるく重く関節が痛くなりやすく、この関節痛に熱が加わると腫れてかなりの激痛になります。

関節リウマチの人の症状が悪化する要因になります。

大事なのは余分な水分を排出すること。

汗をかき、おしっこをいっぱい出すようにしなければなりません。

そのためには運動が一番ですね。

つらい関節痛の症状にお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

暑の治療

椰子の木
熱いことによって体調を崩すことを東洋医学では暑邪に傷られた(やぶられた)といいます。

熱の蓄積によりだるさ・筋肉痛・関節痛・食欲不振・不眠など症状は様々です。

主に心臓にかかわるツボを使って熱を冷ます治療をしますが、他の臓器にかかわるツボも熱を冷ます、体の水分を巡らすようにします。

そうして汗をかかせたり、排尿を促してこもった熱を排出するようにします。

だるさ・筋肉痛・関節痛・食欲不振・不眠などでお悩みの方、名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!