胃腸カゼ

cats
以前は夏場に多かった胃腸カゼが、最近は一年を通じて見られるようになりました。

症状は嘔吐・下痢と変わりはありませんが、わりと発熱することも増えてきて通常のカゼと区別がつきにくくなってきてるようです。

体内で増えたウィルスが排出するために嘔吐・下痢の症状が現れるので、無理に止めないほうが良いのですが、小さい子供や老人は脱水の恐れがあります。

口からの栄養・水分補給が難しいので、基本の治療は病院での点滴となります。

鍼灸ではある程度症状が落ち着いてから胃腸の働きを回復させるように治療します。

特に食欲が回復しない場合は背中の脾兪・胃兪、お腹の中脘というツボにちょっと熱いお灸をします。

食中毒や暴飲暴食で胃腸が弱った時も同様の治療をします。

体力の回復には栄養補給がしっかりできなければいけないので、胃の働きを促すことが重要になってくるのです。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院ぜひ一度ご相談ください!

食中毒 予防

ピンクの梅の花
細菌やウィルス、その他の有毒物質を含んだものを摂取することで下痢や嘔吐をはじめ、様々な症状が引き起こされるのを食中毒といいます。

多くの細菌・ウィルスは加熱により死滅しますが、熱に強いセレウス菌もあり、また細菌が産生した毒素は熱で分解されないものもあります。

意外と多いのが自然毒と呼ばれるものによる中毒で、フグ毒・貝毒などの動物性のものと、毒キノコ、ジャガイモの芽、青梅などの植物性のものがあります。

食中毒

森林と黄色い花
細菌やウィルス、その他の有毒物質を含んだものを摂取することで下痢や嘔吐をはじめ、様々な症状が引き起こされるのを食中毒といいます。

重篤な場合は死に至る危険性があるので体力のない老人や子供は特に注意が必要です。

夏風邪 症状

名古屋城名古屋の夏は湿度は高いため、喉などの粘膜はやられにくく、咳はあまり出ないことが多いです。

冷えが強いと鼻水がよく出ます。

冷飲食が多いと胃腸も疲れて食欲不振や下痢になります。体力が落ちるのでカゼの治りも悪くなります。

嘔吐・下痢

イルカの風船
下痢がちの方は腰痛持ちの人も多いようです。
また、胃が弱いために飲食物を十分に消化できず、そのため腸から吸収されずにそのまま排出される、という場合もあります。

また食中毒、胃腸風邪など細菌・ウィルス感染による症状も疑えるので、注意が必要です。

慢性的に下痢していて出血を伴う方は潰瘍性大腸炎・クローン病などの場合があります。
早めの受診をおすすめします!

腹痛・下痢

沖縄の海
水分の取りすぎ、寒いところに長時間滞在するなど、腸が冷えるとおなかをこわします。

これは体から便とともに水分を排出して冷えを取り除こうとする働きによるものです。
少し冷えたくらいなら排尿のほうが促されます。

慢性的にお腹が弱い人は下腹部が常に冷えています。
暑がりで汗かきの人でも下腹部や足は冷えています。

またそういう人は喉が渇くので水分をよく取り、そのために余計に下痢をします。
酒飲みの人はさらに拍車がかかります。

下痢

ひまわりと青空
おなかが弱い、という方は多いのはないでしょうか。
おなかが弱いのは先天的な体質であったり、生活習慣の問題であったりします。

知人は高校時代、夏は暑くて食欲がわかず、昼食は常にかき氷とジュースだったそうです。
昼食を済ませての部活の練習では、常に下痢に苦しんでいたそうです。

そんな昼食の内容でお腹が弱いと言われても困るのですが。

便秘の記事の繰り返しになりますが、便の内訳は飲食物の残渣、古くなって不要になった腸壁、腸内細菌の死骸です。

これが固くなって排出が困難になった場合を便秘、形が保てないくらい柔らかくなったり液状になって排出される場合を下痢といいます。

便秘

バラ
排便に難を抱えている人は意外と多いです。
便の内訳は飲食物の残渣、古くなって不要になった腸壁、腸内細菌の死骸です。

形が保てないくらい柔らかくなったり、液状になって排出される場合を下痢といいます。

逆に、これが固くなって排出が困難になった場合、便秘になります。