季節の変わり目と体調不良

金木犀
今年は猛暑といわれる暑さはあまりなく、もう秋の到来を感じさせます。

気温の低下も急に訪れ、もう冷え症状を現している患者さんがいらっしゃいます。

一日の寒暖の差が激しくなり、足元が冷たく頭が熱いいわゆる冷えのぼせの症状が多くなってきました。

冷えが強くなってカゼをひく人も増えています。

また空気が乾燥すると喉・鼻の粘膜も乾いて炎症を起こし、秋の花粉症が現れている人も増えてきました。

この季節の変わり目の寒暖差が体調を崩す原因となりますので、特に夜、暗くなってから冷えすぎないよう気をつけなければなりません。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では体調不良のような症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

花粉症 漢方

クローバー
今年は花粉の飛び始めが早く、飛散量も多いようです。

去年はあまり症状が出なかった人も、今年はかなり激しく出てきています。

症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりが多いのですが、目のかゆみや喉の違和感、咳なども多くなっています。

くしゃみやダラダラ流れる鼻水は冷えの症状なので体を温める治療をします。そうして発汗や排尿を促して体の余分な水を排出します。

鼻づまり、目のかゆみ、咳などは熱の症状です。パソコン作業などで目を酷使すると熱を持つので粘膜が乾き、アレルギー反応が出ます。

カゼなどで喉の粘膜が炎症を起こしても同じようになり、咳が出やすくなります。

今年は空気の乾燥がきついので粘膜も乾きやすくなっています。

そのため涙やつばなどで花粉を排出しづらく、花粉に対するアレルギー反応が強く出ているようです。

熱の症状の人は体の水分の循環を促し、乾いたところを潤すように治療をします。1,2回の治療ではすぐに元に戻ってしまうので継続して治療することが必要です。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では花粉症の諸症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

冷えのぼせ

梅とメジロ
春先の暖かな陽気が上半身、特に頭部のみに集中して足はまだ冷たい状態だと、のぼせ症状が現れます。
頭部・顔面部がほてって熱く、手足は冷たいままです。

花粉症などの鼻炎症状がある人は炎症が強まり、症状がより強くなります。また、首・肩のコリも強くなります。

適度な運動をして汗をかいて熱を発散させ、頭を涼しくすることが大事です。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では冷えのぼせのような熱症状にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

花粉症対策

ヨーグルトとジュース花粉症はスギ・ヒノキなどの花粉によるアレルギー反応で、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどが起こる病気です。つまり花粉に対する過剰な免疫反応、とも言えます。

食の西洋化による高タンパク質・高脂質食による腸内環境の悪化が免疫異常を引き起こすといわれていますが、それよりも炭水化物などの糖質の取りすぎが原因になると考えられます。

日本人はお米やパン・麺類などの主食やケーキ・クッキー・まんじゅうなどの菓子類までかなりの量の糖質を摂取しています。
糖質は人間のエネルギー源なのですが、使われないエネルギーは通常、脂肪になります。

しかしすべて脂肪に変わるわけではなく、ある程度はすぐに使えるグルコース等になって筋肉や肝臓に蓄積します。これが過剰になった場合、強い熱が生じるのではないかと考えられます。

また小麦粉アレルギーなど糖質そのものに対するアレルギーもあるので注意が必要です。

名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では花粉症にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

花粉症 治療

走るサラリーマンとOL
花粉症はスギ・ヒノキなどの花粉によるアレルギー反応で、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどが起こる病気です。

原因となる花粉が飛散する季節に起こる病気なので季節性アレルギー性鼻炎ともいいます。

ストレス過多だと自覚している方はご注意を。まったくストレスのない人はいないと思います。

ですが、常にストレス下にあり心労を抱えている人は、しばしば免疫が過剰反応し、花粉などの原因物質に対して強いアレルギー反応が生じます。

のぞみはり灸院(名古屋市)では花粉症にも対応しております。まずはお問い合わせください!

花粉症 皮膚

杉花粉飛散どんな人でも花粉症になりうるのですが、特になりやすい人、症状が激しくなるタイプの人がいます。

そのなかには肌が乾燥しやすい人があげられます。

肌が乾燥する人は粘膜も乾燥しやすく、花粉などの刺激に対して反応が強く出ます。

アトピー性皮膚炎の人は炎症反応がより強く出ます。

のぞみはり灸院(名古屋市)では花粉症にも対応しております。まずはお問い合わせください!

花粉症

杉花粉症
花粉症はスギ・ヒノキなどの花粉によるアレルギー反応で、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどが起こる病気です。

原因となる花粉が飛散する季節に起こる病気なので季節性アレルギー性鼻炎ともいいます。

ダニやペットの毛・ハウスダストなどが原因で起こるものは通年性アレルギー性鼻炎といいます。

どちらも微熱や胃腸症状を併発することがあり、しばしば風邪と間違われることがあります。

また、喘息やアトピー性皮膚炎と合併することが多いです。
名古屋市中川区の、のぞみはり灸院では花粉症にも対応しています。ぜひ一度ご相談ください!

花粉症 頭痛

富士山と桜
頭痛持ちの方は一年中痛いと思いますが、春は特に痛くなりやすいです。

春は陽気の発生する季節。体も温かくなってくるのですが、まだ冬の寒さが残っているうちは体の外に熱を発散させることができません。
そのため体の中に熱がこもり、こもった熱は上にいきます。温かい空気は上昇し冷たい空気は下降するのと同じです。
当然、足は冷えます。

上った熱が少なければ肩こり程度ですが、のぼせて頭が熱くなるくらいだと頭痛になりやすいです。
耳鳴り、目の痛み、鼻づまりなども付いてきます。
花粉症の症状も現れます。

なので熱をうまく循環させることができれば良いのです。
汗をかいて発散させるのも良いのですが、まだ寒さが残っているとかえって冷えたり、また汗をかきすぎると体の水分が少なくなって余計に熱をこもらせることになります。
何事もほどほどにですね。

黄砂

黄砂にかすむ関門橋
一日中、黄砂がすごくて鼻水とくしゃみが止まらないということがありました。

2007年から私は花粉症を発症したっぽいのですが、昨日はほんとに水みたいな鼻水がずっとだらだら。
くしゃみも連発してました。

鼻水もくしゃみも体の冷えが原因です。
あと水分を取りすぎているので余分な水が体から出ようとしているのです。

発症したときは家に帰ってから大好きなコーラを我慢して、早めにお風呂に入って寝たら翌朝には治まっていました。

よく
「水を一日、2リットル取りなさい」
とかテレビでやってますけど、ほとんどの人はそんなにいらないですよ。